自分は実務的な人間だ2020-10-03

 ≪В первый же свой визит он объявил нам, что он человек положительный, но во многом разделяет, как он сам выразился, "убеждения новейших поколений наших" и враг всех предрассудков. Многое и ещё он говорил, потому что несколько как бы тщеславен и очень любит, чтоб его слушли, но ведь это почти не порок. Я, разумеется, мало поняла, но Дуня объяснила мне, что он человек хотя и небольшого образования, но умный и, кажется, добрый.≫

<試訳> あの方が最初においでになられた際に,、自分は実務的な人間だ、とはっきり申されました。でも、 ご自身の表現では “ 我が国の新しい世代の信念 ” に共感し、あらゆる偏見の反対者なのだそうです。それからいろいろお話をされました。というのも、いくらか見えをはられるところがあって、話を聞いてもらうのがとてもお好きなようです。でもそれはたいした欠点ではありませんものね。私には、もちろん、あまりよく分からなかったのだけれど、ドゥーニャが説明してくれたところでは、あの方は教育はあまり高くないけれど、賢くて善い人のようです。

・ 母の感想、そしてドゥーニャの言い方からも、相手を積極的に褒めて好んでいるように思えません。何か引っかかりを感じてしまいます。何よりも、会った翌日に求婚して性急に返事を要求するぶしつけさが問題です。限られた時間で承諾を決意するまで、ドゥーニャはずいぶん悩んだでしょう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック