強い愛情はないのでしょうが2020-10-04

 ≪Ты знаешь характер сестры своей, Родя. Это девушка твёрдая, благоразумная, терпеливая и великодушная, хотя и с пыллким сердцем, что я хорошо в ней изучила. Конечно, ни с её, ни с его стороны особенной любви тут нет, но Дуня, кроме того что девушка умная, - в то же время и существо благородное, как ангел, и за долг поставит себе составить счастье муже, который в свою очередь стал бы заботиться о её счастии,≫

<試訳> お前は妹の性分を知っているね、ロージャ。あれはしっかりしていて思慮深くて忍耐強く、心の広い娘です。もっとも、熱しやすい心情があるのは、私もよく知っていましたが。もちろん、あの子のほうにも、あの方のほうにも、格別強い愛情はないのでしょうが、それでもドゥーニャは、利口な上に天使の様な気高さのある娘ですから、夫を幸福にすることを自分の義務とするでしょうし、そうなれば夫の方でもあの子の幸福を気遣うようになるでしょう。

・ この結婚は率直に喜べないところを含んでいます。どこかに無理があるのです。このようにして決まる結婚もあるとは思いますが、ドゥーニャが心をときめかせているわけではなく、自分を抑えて夫の犠牲になりそうな気配が今から感じられるのです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック