共同事業者にさえなれるように2020-10-13

 ≪На этот раз тем дело и кончилось, но Дуня ни о чём, кроме этого, теперь и не думает. Она теперь, уже несколько дней, просто в каком-то жару и составила уже целый проект о том, что впоследствии ты можешь быть товарищем и даже компанионом Пётра Петровича по его тяжебным занятиям, тем более что ты сам на юридическом факультете.≫

<試訳> その時はそれで終わたのだけれど、ドゥーニャは今その事しか考えていないんです。あの子はこの数日、何だか熱に浮かされたようで、お前がゆくゆくピョートルさんの訴訟の仕事で助手になり、さらには共同事業者にさえなれるように、すっかり計画を立てているのですよ、なにしろお前は法科の学生だからとね。

・ ドゥーニャは兄の将来を何より願っていて、結婚の承諾にもその事を考えたでしょう。ところが当のラスコーリニコフは、久しく大学へも行かず、屋根裏部屋で何やら夢想しては街をふらつく不規則な生活をしています。手紙は彼にどのように響くでしょう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック