お前を対等の立場にしたい2020-10-17

 ≪Так хочет устроить Дунечка, и я с вполне согласна. Во-вторых же, потому не говорили, что мне особенно хотелось поставить тебя с ним, при предстоящей теперешней встрече нашей, на ровный ноге. Когда Дуня говорила ему о тебе с восторгом, он отвечал, что всякого человека нужно сначала осмотреть самому и поближе, чтоб о нём судить, и что он сам предоставляет себе, познакомясь с тобой, составить о тебе своё мнение.≫

<試訳> そのように運びたいとドゥーネチカは望んでいるし、私も全く賛成です。第二に、近々私達が会う際に、できるだけお前を対等の立場にしたいと思っているからですよ。ドゥーニャがお前の事を熱心に褒めると、あの方は、誰についても本人をまず身近で観察した上で判断しなければならない、とおっしゃいました。それで、お前についても知り合った上で、自分の意見を示すというわけなのです。

・ 母親がラスコーリニコフへの支援などを頼まなかったもう一つの理由は、彼に負い目を感じさせたくなかったのです。
ドゥーニャは兄を良く理解してもらおうとしたのでしょうが、ピョートルは会って確かめた上でと慎重です。彼がドゥーニャの気持ちをどれほど汲んでいるのか、その方が気掛かりです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック