私があなたのために祈りましょう2020-10-28

 ≪Если так, то я за тебя молюсь. Вспомни, милый, как ещё в детстве своём, при жизни твоего отца, ты лепетал молитвы свои у меня на коленях и как мы все тогда были счастливы! Прощай, или, лучше, до свидания! Обнимаю тебя крепко-крепко и целую бессчётно. Твоя до гроба Пульхерия Раскоьникова.≫                                                                                           <試訳> もしもそうなら、私があなたのために祈りましょう。愛するロージャ、まだお前が幼年の頃、お父さんが生きておられた頃を思い出してごらん。お前は私の膝の上で、回らぬ舌でお祈りを唱えたものでしたが、その時、私達はどれほど幸せだったでしょう! さようなら、いやそれより、また会う日までの方がいいでしょう! お前を強く強く抱きしめて、何度となく接吻します。                                                                                                 死すまでお前の変わらぬ母                         プリヘーリヤ・ラスコーリニコワ                                                        ・ 最後に切々と呼びかける手紙に、息子に寄せる真情が溢れ出て、母という存在の哀しささえ感じます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック