ずっと顔が涙に濡れていた。2020-10-29

Почти всё время как читал Раскольников, с самого начала письма, лицо его было мокро от слёз; но когда он кончил, оно было бледно искривлено судорогой, и тяжёлая, жёлчная, злая улыбка змеилась по его губам. Он прилёг головой на свою тощую и затасканную подушку и думал, долго думал. Сильно билось его сердце, и сильно волновались его мысли. Наконец ему стало душно и тесно в этой жёлтой каморке, похожей на шкаф или на сундук.≫                                                                                                                             <試訳> ラスコーリニコフは手紙を読み始めた時から読んでいる間、ほとんどずっと顔が涙に濡れていた。だが読み終わった時、その顔は青ざめ、歪んでひきつっていた。そして重苦しく苦々しく腹立たし気な薄笑いが唇にちらと浮かんだ。彼は薄っぺらいよれよれの枕に頭を乗せ、長い間考えに耽っていた。心臓が激しく打ち、思考が波立っていた。とうとう、物置か長持の中の様なこの黄ばんだ小部屋の中では、息が詰まり胸苦しくなった。                                                                                                                             ・ 母の手紙を涙ながらに読み終えた彼の複雑な心境が痛々しいほどです。仕送りや彼に寄せる大きな期待、思いがけない妹の結婚話とその相手の様子、母と妹の来訪の予定など、その一つ一つが胸に刺さったでしょう。考えるべき事が多過ぎていたたまれなくなるのです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック