お前の犠牲を望んじゃいない2020-11-25

 ≪"Дорого, дорого стоит, Дунечка, сия истота!" Ну, есль потом не под силу станет, раскаетесь? Скорби-то сколько, грусти, проклятий, слёз-то, скрываеых ото всех, сколько, потому что не Марфа же вы Петровна? А с матерью что тогда будет? Ведь она уж и теперь неспокойна, мучается; а тогда, когда всё ясно увидит? А со мной?.. Да что же вы в самом деле обо мне-то подумали? Не хочу я вашей жертвы, Дунечка, не хочу, мамаша! Не бывать тому, пока я жив, не бывать, не бывать! Не принимаю!"≫                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   <試訳> “ 高くつく、高くつくんだよドゥーネチカ、この清楚ってやつは!” そうさ、もしも後で耐えられなくなったら、後悔するじゃないか? どれほど嘆き悲しみ、呪い、誰からも隠れて涙を流す事か。なぜなら、お前はマルファ・ペトローブナとは違うだろう? そうなったら母さんはどうなる? だって母さんは今でさえもう不安で思い悩んでいるのに、何もかもがはっきり分かった時、その時はどうなる? 僕の方はどうなるんだ?…。お前は本当のところ、僕について何を考えたんだい? 僕はお前の犠牲を望んじゃいないんだ、ドゥーネチカ、望んじゃいないよ、母さん! 僕が生きている限りそんな事はさせない、させないよ、させるものか! ごめんだ!」                                                                                                                                                                                                        ・ ラスコーリニコフはこれまで持って回って考えを巡らしていましたが、ここに至ってはっきりドゥーニャの犠牲を批判し、激しい調子で反対の気持ちを吐露します。と言ってもこれは彼の内心の声です。結婚話はもう決まっているのですから、彼が頑なに反対すれば一波乱ありそうです。 マルファ・ペトローブナはスビドリガイロフの妻ですから、ドゥーニャなら、彼女の様には、あのような男の妻として耐えられないだろうと言っています。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック