父親と散歩しながらその傍を通る時2021-01-16

 ≪Время серенькое, день удушливый, местность совершенно такая же, как уцелела в его памяти: даже в памяти его она гораздо более изгладилась, чем представлялась теперь во сне. Городок стоит открыто, как на ладони, кругом ни ветлы; где-то очень далеко, на самом краю неба, чернеется лесок. В нескольких шагах от последнего городского огорода стоит кабак, большой кабак, всегда производивший на него неприятнейшее впечатление и даже страх, когда он проходил мимо его, гуляя с отцом.≫

  <試訳> 息苦しく蒸した日の薄暮の時間、場所は彼の記憶に残っているのとそっくり同じ所だった。いや、彼の記憶の中の景色の方が、夢に今現れたのよりもはるかに薄らいでいたほどだ。小さな町は掌の上にあるように遮る物もなく、辺りに柳一本なかった。どこかずっと遠く、地平の果てに森が黒ずんでいた。町はずれの野菜畑からすぐのところに酒場があった。父親と散歩しながらその傍を通る時は、いつも彼に不快な印象と恐怖さえ引き起こす大きな酒場だった。

・ 幼い頃の体験と重なるような夢です。今は亡き父親との散歩の様子に懐かしさが感じられ、会いたい気持ちが潜在的にあったのかも知れません。幼い彼にとって酔った男達のたむろする酒場が怖い存在だったのです。これもマルメラードフと過ごした居酒屋が頭の片隅に残っていたのではないかとも思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック