山積みした荷を懸命に曳いて2021-01-21

 ≪Он всегда любил смотреть на этих огромных ломовых коней, долгогривых, с толстыми ногами, идущех спокойно, мерным шагом и везущих за собою какую-нибудь целую гору, нисколько не надсаждаясь, как будто им с возами даже легче, чем без возов. Но теперь, странное дело, в большую такую телегу впряжена была маленькая, тощая, саврасая крестьянская клячонка, одна из тех, которые - он часто это видел - надрываются иной раз с высоким каким-нибудь возом дров или сена,≫

<試訳> 彼はいつもこのような荷馬車を曳く大きな馬たちが、たてがみが長く太い足で、決まった歩調でゆったりと進み、どんなものであろうと山と積んだ荷物を、まるで荷を積んだほうがないより楽だとさえ思えるように少しも疲れることなく曳くのを見るのが好きだった。ところが、今は妙な事に、あの馬車に繋がれているのは小さくてやつれた鹿毛の農家用の痩せ馬だった。彼はしばしば見かけたものだが、それは、ある時は薪や干草などの荷を山積みして懸命に曳いて、

・ 作者は馬の違いにも目を向けています。子供の目を通した描写という手法ですが、確かな知識と観察力があるからこそ細部を描けるのだと思います。長い文の途中です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック