極めて偶然な巡り逢い2021-02-15

 ≪Но зачем же, спрашивал он всегда, зачем же такая важная, такая решительная для него и в то же время такая в высшей степени случайная встреча на Сенной (по которой даже и идти ему незачем) подошла как раз теперь к такому часу, к такой минуте в его жизни, именно к такому настроению его духа и к таким именно обстоятельствам, при которых только и могла она, эта встреча, произвести самое решительное и самое окончательное действие на всю судьбу его?≫

<試訳> だがいったいなぜ? 彼はいつも自問したものだ。いったいなぜ彼にとってあれほど重大で、あれほど決定的で、同時に極めて偶然な巡り逢いが、( 通る理由もなかった ) センナヤ広場で、ちょうどあの時刻に、彼の人生の中のあの瞬間に、しかもあのような心の状態の時に、そして彼の全運命に決定的で最終的な与えるには、今しかないというような時に訪れたのか?

・ ものものしい表現が畳みかけるように続きます。とにかく疲れ切った彼が、意図せずにセンナヤ広場を通って何かに遭遇するのです。
いつもと違う説明のつかない行動を無意識にしてしまう事はありますが、普通それは日常の中で忘れ去るものです。特異と思われる彼の振舞いも、私達の経験や想像とかすかに重なるところがあるので、“ 分かる ” のではないかと感じます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック