夜昼なく姉のために働き2021-02-19

 ≪Он давно уже знал всё про эту Лизавету, и даже та его знала немного. Это была высокая, неуклюжая, робкая и смиренная девка, чуть не идиотка, тридцати пяти лет, бывшая в полном рабстве у сестры своей, работавшая на неё день и ночь, трепетавшая перед ней и терпевшая от неё даже побои. Она стояла в раздумье с узлом перед мещанином бабой и внимательно слушала их.≫

<試訳> 彼はもう以前からリザベータの事をよく知っていて、彼女もいくらかは彼を知っていた。背が高くて不格好で、憶病でおとなしい、35歳で未婚の少し頭が足りないような女だった。姉の家ですっかり奴隷のように夜昼なく姉のために働き、その前ではびくびく振るえながら、打擲さえも耐え忍んでいた。彼女は包みを持って思案気に商人夫婦の前に立って、じっと二人の話を聞いていた。

・ リザベータが35歳だとすると、義理の姉とは言えアリョーナはそれほど年老いていないはずです。老婆という言葉を使っていますが、平均寿命が短かった当時の感覚かも知れません。
因みに、サザエさんの母のフネは48歳だそうですが、描かれている印象からはもっと年配だと感じていました。さらに、竹取物語の翁や桃太郎の老夫婦も、子供を育てる年頃ですから、実際は若いのかもしれません。時代によって人物の年齢の感覚が違う事に気づきます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック