全てが突然最終決定された2021-02-24

 ≪Ни о чём он не рассуждал и совершенно не мог рассуждать; но всем существом своим вдруг почувствовал, что нет у него более ни свобода рассудка, ни воли и что всё вдруг решено окончательно. Конечно, если бы даже целые годы приходилось ему дать удобного случая, то и тогда, имея замысел, нельзя было рассчитывать наверное, на более очевидный шаг к успеху этого замысла, как тот, который представлялся вдруг сейчас.≫

<試訳> 何についても彼は考えなかったし、全く考える事もできなかった。しかし、不意に全存在で、もはや自分にはそれ以上判断の自由も意志もなく、全てが突然最終決定されたのを直感した。もちろん、この計画を抱きながら何年も好機の訪れを待ったとしても、恐らく今、偶然現れたこの機会以上に計画達成のための明確な一歩は期待できなかっただろう。

・ 執着してきた計画に踏み出す条件が整ったのを突然ラスコーリニコフは知ります。その瞬間に自分が作り出した怪物が自分を縛って身動きが取れず、思いとどまる選択が閉ざされるのです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック