取るに足らない人間でして2016-05-30

 ≪- Э, молчи, Максимушка, не до смеху мне теперь, даже злость берёт. На пирожки-то глаз не пяль, не дам, тебе вредно, и бальзамчику тоже не дам. Вот с ним тоже возись; точно у меня дом богадельный, право, - рассмеялась она.
- Я ваших благодеяний не стою-с, я ничтожен-с, - проговорил слезящимся голоском Максимов. - Лучше бы вы расточали благодеяния ваши тем, которые нужнее меня-с.≫

<試訳> 「ねえ黙ってて、マクシームシカ、私、今笑ってる場合じゃないのよ、怒りに燃えてるほどよ。ピロシキなんかに目をつけてもだめ、あんたにはあげないの、身体に悪いんですからね。それにバルサム酒もだめですよ。ほらこの通り、この人のお世話でも骨が折れるし、まるで私のところは養老施設だわ、本当に」 彼女は笑い出した。
「わしはあなたにお世話してもらう値打がない、取るに足らない人間でして」 涙声でマクシーモフが言った。「わしなどよりもっと有用な方に、ご親切を施されたほうがましでございましょうに」

・ アリョーシャのいる前で、グルーシェンカとマクシーモフのやりとりが続きます。マクシーモフの自嘲の言葉が哀れです。福祉の制度や概念の乏しい時代、このように食客という形に頼らざるを得ない場合があったのだろうと推測します。バルサム酒は香草を浸したウォッカの一種です。

明日公判ですもの2016-05-29

 ≪- Ещё бы не раздражен, завтра судят. И шла с тем, что об завтрашнем ему моё слово сказать, потому, Алёша, страшно мне даже и подумать, что завтра будет! Ты вот говоришь, он раздражен, да я-то как раздражена. А он об поляке! Экй дурак! вот к Максимушке небось не ревнует.
- Меня супруга моя очень тоже ревновала-с, - вставил своё словцо Максимов.
- Ну уж тебя-то, - рассмеялась нехотя Грушенька, - к кому тебя и ревновать-то?
- К горничным девушкам-с.≫

<試訳> 「苛立たずにはいられないでしょうね、明日公判ですもの。私が会いに行ったのも、明日の事があるのであの人に言いたい事を伝えたかったからなの。だって、アリョーシャ、明日どうなるのか、私、考えるだけで恐ろしいわ! あの人が苛立ってるって、今あなたは言ったけど、苛立ってるのは私のほうよ。ところがあの人はポーランド人の事なんかを! 何て馬鹿なんでしょう! このマクシームシュカによく嫉妬しないものだわ」
「家内もわしにひどくやきもちを妬いたもんでしてね」 マクシーモフが口をはさんだ。
「あら、あんたをですって」 思わずグルーシェンカが笑った。「嫉妬するお相手はどなたかしら?」
「小間使いの娘たちにですよ」

・ ドミートリィは公判を明日に控えているのに、嫉妬心からグルーシェンカとの会話の機会をふいにします。愛するが故とは言え、抑制できない感情が彼を追い詰めます。

あなたを愛しているんですよ2016-05-28

 ≪- Да ведь он же знал про "прежнего" -то?
- Ну вот поди. С самого начала до самого сегодня знал, а сегодня вдруг встал и начал ругать. Срамно только сказать, что говорил. Дурак! Ракитка к нему пришёл, как я вышла. Может Ракитка-то его и уськает, а? как ты думаешь? - прибавила она как бы рассеянно.
- Любит он тебя, вот что, очень любит. А теперь как раз и раздражен.≫

<試訳> 「でも兄は “ もとの恋人 ” の事を、知ってたじゃないですか?」
「そうなのよ、まったく。そもそものなれ染めから今日この日に至るまでの事を知ってるのに、今日になって突然それが頭をもたげて罵り出したのよ。言ってた事を口にするのも恥かしいわ。馬鹿な人! 私の帰りがけにラキーチンが彼の所にやって来たのよ。もしかしたらラキーチンがミーチャをけしかけたのかも知れないわね? どうお思いになって?」 グルーシェンカは放心したかのように言い加えた。
「あなたを愛しているんですよ兄は、そうなんです、とても愛しているんです。今日はちょうど苛々してもいますしね」

・ グルーシェンカが面会の時にドミートリィから辛くあたられた事をアリョーシャに伝えます。相談されるアリョーシャには難問に違いありません。

私を妬いてるんだわ2016-05-27

 ≪Грушенька проговорила всё это залпом, в волнении. Максимов, тотчас же оробев, улыбался, потупив глазки.
- Этот-то раз за что же поссорились? - спросил Алёша.
- Да уж совсем и не ожидала! Представь себе, к "прежнему" приревновал: "Зачем дескать ты его содержишь. Ты его, значит, содержать начал?" всё ревнует, всё меня ревнует! и спит и ест ревнует. К Кузьме даже раз на прошлой неделе приревновал.≫

<試訳> グルーシェンカは興奮してこの事を全部一気に話した。マクシーモフが、とたんに怖気づいて目を伏せて苦笑いした。
「今回はいったい何が喧嘩のもとなんですか?」 アリョーシャが尋ねた。
「全然思ってもいなかったわ! 驚くじゃない “ もとの恋人 ” に嫉妬したのよ “ どうしてあいつを養うんだ。お前はあいつの面倒を見始めただろう? ” ってずっと妬いてるの、いつだって私を妬いてるんだわ! 寝ても覚めても妬いてるのよ。先週はサムソーノフに対してさえ嫉妬したほどだわ」

・ ドミートリィの嫉妬心の強さは今に始まった事ではありません。捕われの身となるそもそもの発端も、彼の猜疑心が引き起こしたものです。“ もとの恋人 ” は例のポーランド人ですが、グルーシェンカは思いもよらないと訴えています。獄舎で思い巡らしているうちに、疑念が増幅するのでしょう。

執念深い恨みを食べて2016-05-26

 ≪Нет, постой, Алёша, у меня в этими пирогами сегодня гром вышел. Понесла я их к нему в острог, а он, веришь ли назад мне их бросил, так и не ел. Один пирог так совсем на пол кинул и растоптал. Я и сказала: "сторожу оставлю; коли не съешь до вечера, значит, тебя злость ехидная кормит!" с тем и ушла. Опять ведь поссорились, веришь тому. Что ни приду, так и поссоримся.≫

<試訳> 「ところでね、いい、アリョーシャ、今日このピロシキの事で私に雷が落ちたのよ。刑務所にそれを持って行ったの、ところが何て事かしら、あの人それを突き返してよこしたの、だから食べなかったわ。ピロシキの一個なんて完全に床に投げつけて踏みつぶしたのよ。私、言ってやった、“ 看守に預けていくわ、もし晩まで食べないとしたら、あなたは執念深い恨みを食べて生きてるんだわ!” って、そのまま帰ってきたの。また喧嘩しちゃった、本当よ。行けば必ず言い争いになるの」

・ 面会の際のドミートリィの荒々しく苛立った態度をグルーシェンカが語ります。彼女のために全てを投げ出そうとした彼が、なぜ辛く当たるのかと思います。不当な拘留に対する怒りなら、彼女にぶつける事はないはずです。

ピロシキを持ってきてね2016-05-25

 ≪- Наконец-то пришёл! - крикнула она, бросив карты и радостно здороваясь Алёшей, - а Максимушка так пугал, что пожалуй уж и не придёшь. Ах, как тебя нужно! Садись к столу; ну что тебе, кофею?
- А пожалуй, - сказал Алёша, подсаживаясь к столу, - очень проголодался.
- То-то, Феня, Феня, кофею! - крикнула Грушенька, - он у меня уж давно кипит, тебя ждёт, да пирожков принеси, да чтобы горячих.≫

<試訳> 「やっといらっしゃったわね!」 カードを投げ出して嬉しそうにアリョーシャと挨拶を交わしながらグルーシェンカが叫んだ。「マクシームシカったら、多分もうお見えにならないって脅かすんですもの。ああ、是非ともお会いしたかったの! テーブルにお就きになって。何がいいかしら、コーヒーは?」
「そうですね、もらいましょうか」 テーブルの前に腰をおろしながらアリョーシャが言った。「とてもお腹がすいていたんです」
「まあそれなら、フェーニャ、フェーニャ、コーヒーをね!」 グルーシェンカが叫んだ。「もうずいぶん前から沸いてるのよ、あなたを待って、それとピロシキを持ってきてね、熱いのをよ」

・ 待ちかねたアリョーシャ訪問をグルーシェンカが喜んで迎えます。彼は時々立ち寄っていたので、以前、初めてラキーチンと訪ねた時のような緊張やためらいはなく、互いに打ち解けた感じがします。他の人とほとんど会わないという今の彼女にとって、アリョーシャだけが大切な相談相手です。

近づく最期を予感して2016-05-24

 ≪За три недели до смерти, почувствовав близкий финал, он кликнул к себе наконец на верх сыновей своих, с их женами и детьми, и повелел им уже более не отходить от себя. Грушеньку же с этой самой минуты строго заказал слугам не принимать вовсе, а коли придёт то говорить ей: "Приказывает дескать вам долго в веселии жить, а их совсем позабыть". Грушенька однако ж посылала почти каждый день справляться об его здоровье.≫

<試訳> 亡くなるまでの3週間前に、近づく最期を予感してサムソーノフはついに上の階の自分のもとに息子達を、その妻子と共に呼びつけて、もはや自分のところから離れぬように命じた。この時を期して、グルーシェンカを絶対に通さないようにと使用人達に厳しく言い渡し、もしもやって来たなら、“ 末永く楽しく暮らすように、自分の事はすっかり忘れるようにとのお言葉でございます ”と伝えるよう命じた。グルーシェンカはそれにもかかわらず、ほとんど毎日のように使いをやって容態を尋ねていた。

・ グルーシェンカはかつて元恋人のポーランド将校に裏切られたところをサムソーノフに庇護されたのです。日陰の存在に加えてフョードルやドミートリィについての噂もあり、世間の好奇心の中で生きる彼女の辛さはどれほどかと想像します。サムソーノフの言葉に彼女への思いやりを感じます。

お迎えが来ている2016-05-23

 ≪Оказалось, что старичок умел иногда кое-что и порассказать, так что стал ей наконец даже и необходим. Кроме Алёши, заходившего однако не каждый день, и всегда не надолго, Грушенька никого почти и не принимала. Старик же её, купец, лежал в это время уже страшно больной, "отходил", как говорили в городе, и действительно умер всего неделю спустя после суда над Митей.≫

<試訳> マクシーモフ老人が時として何かと話す才があることも分かり、しまいにはグルーシェンカにとっていなくてはならない存在にさえなった。毎日ではないがよく立ち寄り、いつも長居はしないアリョーシャとの他には、彼女はほとんど誰とも会わなかった。彼女の例の老商人はこの時すでに重い病気に伏して、町では “ お迎えが来ている ” と噂されていて、実際、ミーチャの裁判の後わずか1週間で亡くなった。

・ アリョーシャはグルーシェンカの精神的な力になっています。後見の老商人サムソーノフは、2ヶ月前には金策で訪れたドミートリィと面会してあしらうほどの気力があったのですが、今は危ない状態です。かつて彼女が窮状を救われた恩義ある人物です。

悲しみを考えないように2016-05-22

 ≪Даже в болезни её он не ушёл из дома. Феня и её мать, кухарка Грушеньки, его не прогнали, а продолжали его кормить и стлать ему постель на диване. Впоследствии Грушенька даже привыкла к нему и, проходя от Мити (к которому, чуть оправившись, тотчас же стала ходить, не успев даже хорошенько выздороветь), чтоб убить тоску, садилась и начинала разговоривать с "Максимушкой" о всяких пустяках, только чтобы не думать о своём горе.≫

<試訳> グルーシェンカが病気になってもマクシーモフは家から出て行かなかった。フェーニャと、グルーシェンカの料理人であるその母は彼を追い出さずに食事を与えてソファーに寝床を整え続けた。そのうちにグルーシェンカも彼に慣れ親しんだほどで、ミーチャのところから戻ると (彼のもとへは、健康をわずかに取り戻したばかりの、まだすっかり回復していないうちからすぐに通い始めていた) 憂いを晴らそうと、腰をおろして “ マクシームシュカ ” と、ただ自身の悲しみを考えないようにするためだけに、あれこれつまらないお喋りをするのだった。

・ 居候のマクシーモフはグルーシェンカの話相手となって気が紛れる存在です。ドミートリィと面会して別れて来た直後の辛い気持が分かります。獄中の彼もまたなおさらの事でしょう。

感謝の涙にむせび2016-05-21

 ≪Опросив его подробнее, Грушенька узнала от него, что действительно ему как раз теперь некуда деться совсем, и что "господин Калганов, благодетель мой, прямо мне заявили-с, что более меня уж не примут, и пять рублей подалили" - "Ну, бог с тобой, оставайся уж", решила в тоске Грушенька, сострадательно ему улыбнувшись. Старика передёрнуло от её улыбки, и губы его задрожали от благодарного плача. Так с тех пор и остался у ней скитающийся приживальщик.≫

<試訳> グルーシェンカはマクシーモフにさらに詳しく問いただして、彼にはこの時本当に落着き先が全くなく、“ 恩人のカルガーノフ氏が、もうこれ以上は面倒みないと率直に言い渡しして、5ルーブルを恵んだ ” 事を知った。“ それなら、仕方がないでしょう、ここに留まりなさいな ” と、憐れむように微笑みかけて、グルーシェンカは寂しげに決めた。老人は彼女の笑み見て顔をくずし、感謝の涙にむせび唇を震えさせた。このようにしてその時以来、放浪の食客は彼女のもとに居座ったのだった。

・ マクシーモフの境遇にグルーシェンカが同情します。彼がどれほど安堵したか表情から窺えます。けれども、傷心と疲労と病気の兆しで、不幸に見舞われているのは彼女自身でもあるのです。