仄めかしてやった2017-06-28

 ≪Я эту самую мысль прокурору в опросе моём не то что ясно сказал, а напротив как будто намёком подвел-с, точно как бы сам не понимаючи, и точно как бы это они сами выдумали, а не я им подсказал-с, - так у господина прокурора от этого самого намёка моего даже слюнки потекли-с...≫

<試訳> 「尋問の時私は検事に、これの意味するところをはっきりと言わずに、むしろ逆に仄めかしでやったんです。何も分からないふりをして、私が教えたんじゃなく、まるで検事さん自身が思いついたように仕向けましてね。そんなもんで、検事さんは私のこの仄めかしに涎を流さんばかりで…」

・ 奸智にたけたスメルジャコフに検事も操られます。彼はフョードルを殺した事も、無実のドミートリィを罠に陥れた事にも何の呵責も感じていないようです。ドミートリィを怖れてはいましたが、特別の怨みを持っていた印象はないのですが。

自分の財産を奪い取る2017-06-27

 ≪А пакет тут же бросили, уже не успев рассудить, что он уликой им после них останется, потому что они вор непривычный-с, и прежде никогда ничего явно не крали, ибо родовые дворяне-с, а если теперь украсть и решились, то именно как бы не украсть, а своё собственное только взять обратно пришли, так как всему городу об этом предварительно повестили и даже похвалялись зараньше вслух пред всеми, что пойдут и собственность свою от Фёдора Павловича отберут.≫

<試訳> 「ドミートリィ様は後になって封筒が証拠として残るなんて、もう考える余裕もないままその場に捨てるでしょうね。だってあの方は泥棒の経験などないですからね、一度だって何一つ盗んだ事がないのは明らかでして、なにしろ出が貴族ですから。仮に今回盗む決心をなさっても、それは盗みじゃなく自分のものを取り戻しに来ただけのようなもので、その事は前もって町中で触れ回っていましたからね。押しかけて自分の財産を父親から奪い取るんだ、と以前から皆の前で声高に自慢していたほどですよ」

・ スメルジャコフはドミートリィのこれまでの言動を実によく把握した上で事件の計画を練っています。事実、捕らわれたのは無実のドミートリィで、状況はいかにも彼の犯行を示しています。一方、スメルジャコフは発作で寝込んでいたアリバイに加えて、巧妙な偽装で捜査が及ぶ可能性がありません。明日イワンが告発しなければですが。

聞いて知っているだけ2017-06-26

 ≪Савсем другое тут Дмитрий фёдорович: они об пакете только по наслышке знали, его самого не видели, и вот как достали его примерно, будто из-под тюфяка, то поскорее и распечатали его тут же, чтобы справиться: есть ли в нём в самом деле эти самые деньги?≫

<試訳> 「これがドミートリィ様でしたら全く違いますんで。あの方は封筒について聞いて知っているだけで、ご自分で見たわけじゃありませんのでね。仮に布団の下からでもそれを手に入れなすったら、その中に本当に例の金が入っているかどうかを確認しようと、その場で大急ぎで開封なさいますよ」

・ スメルジャコフの筋書きでは、ドミートリィがフョードルを殺した後、教えておいた布団の下を探し、すでに聖像画の後に隠した封筒を探し出せずに、彼は逃げ去るはずでした。実際にはドミートリィは犯行に及ばなかったので、急遽スメルジャコフ自身が殺して奪い、ドミートリィが布団の下から盗んだように見せるため空の封筒を捨てて偽装したのです。ドミートリィの心理になって罪を被せ、自分は免れようとする巧妙な企みです。

開けてみようともせずに2017-06-25

 ≪этот пакет распечатывать, да ещё в таких попыхах, зная и без того совсем уж наверно, что деньги эти в том пакете беспременно лежат-с? Напротив, будь это похититель как бы я например, то он бы просто сунул этот пакет в карман, нисколько не распечатывая, и с ним поскорее утёк-с.≫

<試訳>  「封筒を開けたりしますかね、それも慌てふためいている状況で、そうしなくても、その封筒に金が確実に入っているのをもう間違いなく知っているのに? そりゃ逆です、例えば私の様な者が強盗だとしたら、てんで開けてみようともせずに、そのまま封筒をボケっトに突っ込んで一刻も早く逃げ出しますよ」

・ 封筒を残したのはやはり捜査の裏をかくための念の入った仕掛けでした。スメルジャコフはフョードルの身近に仕えて事情に詳しいからこそ、逆にわざと証拠を残したのです。つまり、封筒の中の金を確かめる必要のあった者が犯人だと思わせ、自分に疑いが向かうのを避けたのです。説明されればなるほどで、ホームズでも引っかかりそうです。

理由があってそうした2017-06-24

 ≪- А это я так сделал по некоторой причине-с. Ибо будь человек знающий и привычный, вот как я например, который эти деньги сам видел зараньше и может их сам же в тот пакет ввпртывал и собственными глазами смотрел, как его запечатывали и надписывали, то такой человек-с с какай же бы стати, если бы примерно это он убил, стал бы тогда, после убиства,≫

<試訳> 「それでしたら、ある理由があってそうしたんでして。なぜって、例えば私の様に勝手を知って慣れた人間、以前その金をこの目で見て、それをあの封筒に自分で入れる事もできたし、また、それが封印され上書きされた様子をこの目で見たような人間なら、そんなことをする理由はないわけですよ。もしその男が殺したのなら、殺人の後でそうしますかね」

・ スメルジャコフの偽装は細部の心理にまで徹底しています。自分に嫌疑がかからないような状況を何重にも作っているのです。

封筒を床に残したのはなぜか2017-06-23

 ≪Да! Скажи ты мне хоть это одно: зачем ты пакет распечатал и тут же на полу оставил? Зачем не просто в пакете унёс... Ты когда рассказывал, то мне показалось, что будто ты так говорил про этот пакет, что так и надо было поступить... а почему так надо - не могу понять...≫

<試訳> 「そうだ! 一つだけでもいいから教えれくれ。なぜ封を切って、封筒をそこの床に残してきたんだ? どうして封筒のまま持ち出さなかったのか…。お前がその封筒について話した時、そうする必要があったような気がしたが… なぜそんな必要があったのか、分からんな…」

・ 金を抜き出した後、手掛かりになる空の封筒を残した事が不可解なのです。スメルジャコフの事ですから、うっかりではなく、意図があるはずですが、なぜその方がいいのか分かりません。現代なら遺留品は指紋などを科学的に徹底的に調べられます。この時代だからこそでしょう。

私らには大いに幸運2017-06-22

 ≪Это уж нам с вами счастье такое выпало, что он это придумал, потому что Дмитрия Фёдоровича несомненно после того в конец уличат.
- Слушай, - проговорил Иван Фёдорович, словно опять начиная теряться и что-то усиливаясь сообразить, - слушай... Я много хотел спросить тебя ещё, но забыл... Я всё забываю и путась...≫

<試訳> 「グリゴーリイがそう思い込んだのは、それはもう私らには大いに幸運でしたよ。なぜなら、そうなると間違いなく、結局ドミートリィ様が摘発されるわけですからね」
「おい、いいか」 またイワンが当惑し出し、何かを理解しようとしながら言った。 「いいか…。お前にはまだたくさん聞きたい事があったんだが、忘れてしまった…。何もかも忘れて混乱してしまう…」

・ イワンはスメルジャコフの説明に圧倒され気味です。次々に思ってもいなかった事実が飛び出すのですから無理もありません。
スメルジャコフが “ 私らには… ” と言っているのは、あくまでイワンを共犯に仕立てる意図の表われでしょう。

気のせいに過ぎません2017-06-21

 ≪- На счёт этой двери и что Григормй Васильевич будто бы вилел, что она отперта, то это ему только так почудилось, - искривлённо усмехнулся Смердяков. - Ведь это, я вам скажу, не человек-с, а всё равно что упрямый мерин: и не видал, а почудилось ему что видел - вот его уж и не собьёте-с.≫

<試訳> 「この戸についてですが、グリゴーリィが開いていたと、さも見たように言っているのはですね、それは気のせいに過ぎませんよ」 表情を歪めてスメルジャコフがにやりとした。「なにしろはっきり申して、あいつは人間なんかじゃなくて頑固な去勢馬のようでしてね、見もしなかったのに見たような気がしただけで、そうなるともう頑として変えやしませんや」

・ スメルジャコフの考えには説得力があります。つまりグリゴーリィが走り去った人影が母屋から逃げ出て来たと思い込んだため戸が開いていたと錯覚して、そう見えた可能性はありそうです。当局の取り調べでは、そのあとのフョードルとスメルジャコフのやりとりの事実が全く抜けているので、このグリゴーリイの証言をもとに、ドミートリィが戸を開け放して逃げ、その時すでにフョードルは死んでいた事になっているのです。

どうして見るはずがある2017-06-20

 ≪Если отворил он дверь только тебе, то как же мог видет её прежде тебя Григорий отворенною? Потому ведь Григорий видел прежде тебя?
Замечательно, что Иван спрашивал самым мирным голосом, даже совсем как будто другим тоном, совсем не злобным, так что если бы кто-нибудь отворил к ним теперь дверь и с порога взглянул на них, то непременно заключил бы, что они сидят и миролюбиво разговаривают о каком-нибудь обыкновенном, хотя и интересном предмете.≫

<試訳> 「もし父がお前のためにだけ戸を開けたのなら、グリゴーリィがお前より先に開いている戸を、どうして見るはずがある? グリゴーリィがお前より先に見ているじゃないか?」
注目すべきなのは、イワンが非常に穏やかな声で、むしろ憎しみの全くないまるで別人のような口調で尋ねた事だ。その様子は、もし誰かが今この部屋の戸を開けて戸口から二人を目にしたとしても、彼らが座りこんで興味深い話題ながらありふれた事について、和やかに話し合っていると思うに違いなかった。

・ グリゴーリィは開いている戸を見たと証言しています。彼は逃げ去るドミートリィを追って塀に向かい、そこでドミートリィに殴られて倒れます。その後スメルジャコフが起き出してフョードルの母屋へ行き、巧妙に戸を開けさせて部屋に入っていますから、戸は閉じていたわけです。そうなるとグリゴーリィが見たと言う、開いた戸は一体誰が開け誰が閉じたのか謎で不可解です。ドミートリィは室内に入っていず、その時点でフョードルは生きて部屋にいたからです。開いていたという証言を事実と認めると、ドミートリィが部屋に入り犯行後に開けたまま逃げたとしか説明がつかず、彼の犯行容疑の根拠になっているのです。

後悔しているのかどうか2017-06-19

 ≪Иван всё время слушал его в мертвенном молчании, не шевелясь, не спуская с него глаз. Смердяков же, рассказывая, лишь изредка на него поглядывал, но больше косился в сторону. Кончив рассказ, он видимо сам взволновался и тяжело переводил дух. На лице его показался пот. Нельзя было однако угадать, чувствует ли он раскаяние или что.
- Стой, - подхватил соображая Иван. - А дверь-то?≫

<試訳> イワンはスメルジャコフの話を終始身動きもしないで、相手から目を離さずに、死んだように押し黙って聞いていた。スメルジャコフの方は、語りながら時たま彼を見やるだけで、ほとんど脇を見やっていた。語り終えると彼自身明らかに興奮して、苦しそうに息をついた。その顔には汗が浮かんでいた。けれども、彼が後悔をしているのかどうかを推し量る事はできなかった。
「待てよ」 イワンが考えを巡らして話を引きとった。「では、あの戸はどうなんだ?」

・ スメルジャコフが一通りいきさつを話し終えます。イワンに命じられたとは言え、全てを詳しく明かしたのは覚悟の上でしょう。これほど一貫した矛盾のない説明を聞いたイワンとしては、信じる他ないと思いますが、それでも疑問をぶつけます。