暗い目が不吉な炎に2016-12-04

 ≪Подслушивала! - раздражительно прошептал он про себя, но Алёша расслышал.
- Позвольте мне остаться в пальто, - проговорил Иван Фёдорович, вступая в залу. - Я и не сяду. Я более одной минуты не останусь.
- Садитесь, Алексей Фёдорови, - проговорила Катерина Ивановна, сама оставаясь стоя. Она изменилась мало за это время, но тёмные глаза её сверкали зловещим огнём.≫

<試訳> 「盗み聞きしてたな!」 イワンは腹立たしそうに独り言をつぶやいたのだが、アリョーシャはそれを聞きとった。
「外套を着たままで失礼します」 イワンが広間に入りながら言った。「座りません。僕は1分以上はいませんから」
「お掛けになってアレクセイさん」 カテリーナは自分は立ったまま言った。彼女はあれ以来ほとんど変わっていないが、暗い目が不吉な炎に輝いていたた。

・ カテリーナが二人を招き入れる様子に気位の高さを感じます。彼女は過去のドミートリィに対する負い目を払拭したい思いを強く持ち続けています。何かと彼を援助するのはその表れです。イワンに対しては反対に、自分の気持とは裏腹に冷たい態度をとってしまうのです。

是非ともお戻りになって2016-12-03

 ≪- Нет, нет! - прокричал вдруг голос сверху из отворившейся мигом двери. - Алексей Фёдрович, вы от него?
- Да, я был у него.
- мне что-нибудь прислал сказать? Войдите, Алёша, и вы, Иван Фёдорови, непременно, непременно воротитесь. Слы-ш-те!
В голосе Кати зазвучала такая повелительная нотка, что Иван Фёддорович, помедлив одно мгновение, решился однако же подняться опять, вместе с Алёшей.≫

<試訳> 「いいえ、違いますわ!」 瞬時に開けられた上の階の戸の中から、突然大きな声がした。
「アレクセイさん、あなたは彼の所からの帰り?」
「ええ、ミーチャの所に行ってきました」
「何か私に言伝てがありまして? お入りになって、アリョーシャ、あなたもよ、イワンさん、是非、是非ともお戻りになって。お・分かり・ですね!」
カーチャの声にはあまりにも命令調の響きがあったので、イワンは一瞬躊躇したが、それでもまたアリョーシャと一緒に戻ろうと決めた。

・ イワンはカテリーナと話を終えたのに、有無を言わせず引き戻される感じです。彼は一度は彼女と決別してモスクワへ経ちました。今は裁判の事があって彼女と会っているのでしょう。
アリョーシャとイワンを見下ろして、半ば強引に招き入れるカテリーナの高圧的な様子が描かれます。

動揺している2016-12-02

 ≪Позвонив и войдя на лестницу, тускло освещённую китайским фонарем, он увидал спускавшегося сверху человека, в котором, поравнявшись узнал брата. Тот стало быть выходил уже от Катерины Ивановны.
- Ах, это только ты, - сказал сухо Иван Фёдодрович. - Ну прощай. Ты к ней?
- Да.
- Не советую, она "в волнении", и ты ещё пуще её расстроишь.≫

<試訳> 呼び鈴を鳴らして支那風の灯火にぼんやり照らされた階段に踏み入ると、アリョーシャは上から下りてくる人物に出合い、すれ違う段で兄だと分かった。もうカテリーナの所から出てきたらしい。
「ああ、お前だったか」 そっけなくイワンが言った。「じゃあ、さよなら。彼女の所へ行くのか?」
「ええ」
「やめたほうがいい、彼女は “ 動揺している ” から、ますます混乱させる事になるぞ」

・ アリョーシャはカテリーナに会うためではなく、本当はイワンに会いに寄ったのです。イワンのそっけなさに、とっさに 「ええ」 と答えてしまったようです。仄暗い階段で言葉を交わす兄弟の姿にも、長兄の明日の裁判の影を感じます。

問題の日の前夜だから2016-12-01

 ≪По дороге к Ивану пришлось ему проходить мимо дома, в котором квартировала Катерина Ивановна. В окнах был свет. Он вдруг остановился и решил войти. Катерину Ивановну он не видал уже более недели. Но ему теперь пришло на ум, что Иван может быть сейчас у ней, особенно накануне такого дня.≫

<試訳> イワンの所へ行く途中でアリョーシャはカテリーナが借りている家の傍を通らなければならなかった。窓には灯りがついていた。彼はふと立ち止まり、訪ねようと決めた。カテリーナにはもう一週間以上会っていなかった。けれども彼にはふと、もしかして今イワンは彼女の所にいるかも知れない、とりわけ、問題の日の前夜だから、という考えが浮かんだのだ。

・ アリョーシャがドミートリィとの面会を終えて、イワンに会いに向かいます。ドミートリィの逃亡の画策をしていると聞いたので、明日の公判を控えて二人が相談している可能性があると思ついたのです。

深く果てしない憐みの情2016-11-30

 ≪Глубокое, бесконечное сострадание вдруг охватило и измучило его мгновенно. Пронзённое сердце его страшно болело. "Люби Ивана!" вспомнились ему вдруг сейчашние слова Мити. Да он и шёл к Ивану. Ему ещё утром страшно надо было видеть Ивана. Не менее как Митя его мучил Иван, а теперь, после свидания с братом, более чем когда-нибудь.≫

<試訳> 深く果てしない憐れみの情がふいにその瞬間アリョーシャを捉えて苦しめた。突き刺された胸が激しく痛んだ。“ イワンを愛してやってくれ!” 今しがたのミーチャの言葉がふいに思い出された。ちょうど彼はイワンの所に向かうところだった。彼は朝のうちから、イワンには是非とも会わなければならなかったのだ。ミーチャに劣らず、イワンは彼の心を悩ませていたが、今はミーチャと面会の後なので、いつもよりなおさらだった。

・ アリョーシャが今度は次兄のイワンと会うのです。リーザから託された手紙を渡さなければなりませんし、ドミートリィの明日の公判の事もあるでしょう。人物をつなぐ役割の彼には休む暇もありません。

底知れない哀しみと絶望2016-11-29

 ≪Алёша вышел весь в слезах. Такая степень мнительности Мити, такая степень недоверия его даже к нему, к Алёше - всё это вдруг раскрыло пред Алёшей такую бездну безвыходного горя и отчаяния в душе его несчастного брата, какой он и не подозревал прежде.≫

<試訳> アリョーシャは涙にくれて外に出た。これほどまでのミーチャの疑心、これほどまでの彼の不信、それが弟のアリョーシャに対してさえもなのだ - その全てが突然アリョーシャの前に、かつて想像したこともない、不幸な兄の心中の底知れない哀しみと絶望を露わにしたのだった。

・ 無実の罪に問われる兄の苦悩の深さに、アリョーシャは涙を流します。彼の行く先々で、誰もがそれぞれに不幸を負っていて、その重荷は容易に下ろせるものではありません。彼はその傍らで耳を傾け、共に心を痛め、涙するしかありません。作者は苦悩の姿に人間の本質を見ていたのだと思います。

僕を生き返らせてくれた2016-11-28

 ≪- Спосибо тебе! - выговорил он протяжно, точно испуская вздох после обморока. - Теперь ты меня возродил... веришь ли: до сих пор боялся спросить тебя, это тебя-то, тебя! Ну иди, иди! Укрепил ты меня на завтра, благослови тебя бог! Ну, ступай, люби Ивана! - вырвалось последним словом у Мити.≫

<試訳> 「ありがとう!」 ミーチャは、ちょうど気絶した後に息を吐きだすようにゆっくり発音した。「お前は今、僕を生き返らせてくれた… 信じられるかい、今の今までお前に尋ねるのが怖かったんだ、お前にだよ、お前に! さあ、行け、行くんだ! 明日に向けて僕を力づけてくれた、お前に神の祝福を! さあ、行くがいい、イワンを愛してやってくれ!」 最後の言葉がミーチャの口をついた。

・ 無実を疑わないアリョーシャの本心にドミートリィは救われます。絶望的な状況で、信じてくれる存在は大きな心の支えでしょう。イワンには複雑な気持なのですが、最後に思わず口にする言葉に兄としての心情が表われます。

顔いっぱいが至福に輝いた2016-11-27

 ≪Алёшу как бы всего покачнуло, а в сердце его, он слышал это, как бы прошло что-то острое.
- Полно, что ты... - пролепетал было он как потерянный.
- Всю правду, всю, не лги! - повторил Митя.
- Ни единой минуты не верил, что ты убийца, - вдруг вырвалось дрожащим голосом из груди Алёши, и он поднял правую руку вверх, как бы призывая бога в свидетели своих слов. Блаженство озарило мгновенно всё лицо Мити.≫

<試訳> アリョーシャは全身を揺すられたように感じ、まるで何か鋭いものが心の中を通り抜けたかのようにそれを聞いた。
「よしてください、何て事を兄さん…」 呆然とした様子で彼はつぶやきかけた。
「本当の事を、隠さず、嘘をつかずに!」 ミーチャが繰り返した。
「兄さんが人殺しだなんて、ほんの一瞬たりとも信じちゃいません」 突然アリョーシャの胸から震えるような声がほとばしった。そして彼はまるで自分の言葉の証人として神を招くかのように右手を上に挙げた。一瞬のうちにミーチャの顔いっぱいが至福に輝いた。

・ 分かってはいてもドミートリィと一緒にほっとする瞬間です。これこそゾシマ長老がアリョーシャに命じた、“ 兄さんの傍にいなさい “ の実践なのでしょう。

神の前にいるように2016-11-26

 ≪И он опять крепко схвотил Алёшу обеими руками за плечи. Лицо его стало вдруг совсем бледно, так что почти в темноте это было страшно заметно. Губы перекосились, взгляд впился в Алёшу.
- Алёша, говори мне полную правду, как пред господом богом: веришь ты, что я убил, или не веришь? Ты-то, сам-то ты, веришь или нет? Полную правду, не лги! - крикнул он ему исступлённо.≫

<試訳> そしてミーチャはアリョーシャの肩を両手で掴んだ。彼の顔が急に青ざめて、それは暗がりの中でも恐ろしいほどに見て取られた。口元は歪み、視線がアリョーシャに注がれた。
「アリョーシャ、神の前にいるように偽りなく本当の事を言ってくれ、僕が殺したと思い込んでるか、それとも思っていないかを? お前が、お前自身がそう思っているか、いないかだ? 全くの本心を、嘘をつかずに!」 彼はうわずったようにアリョーシャに叫んだ。

・ ドミートリィが最も聞きたかったのがこれなのでしょう。イワンには聞く勇気がなかったのです。別れ際にアリョーシャに、答えを怖れつつ意を決して問う彼のひきつった形相が見えるようです。

勇気が足りなくてな2016-11-25

 ≪- А Иван-то, - проговорил вдруг Митя, - бежать-то предложил, а сам ведь верит, что я убил!
Грустная усмешка выдавилась на его губах.
- Ты спрашивал его: верит он или нет? - спросил Алёша.
- Нет, не спрашивал. Хотел спрашить, да не смог, силы не хватило. Да всё равно, я ведь по глазам вижу. Ну прощай!
Ещё раз поцеловались наскоро, и Алёша уже было вышел, как вдруг Митя кликнул его опять:
- Становись предо мной, вот так.≫

<試訳> 「イワンはな」 とふとミーチャが言った。「脱走を勧めたけれども、自分では僕が殺したと信じてるんだ!」
悲し気な苦笑が彼の唇に浮かんだ。
「聞いてみたんですか、そう思っているのかどうかと?」 アリョーシャが尋ねた。
「いや聞かなかった。聞きたかったけど、やはり聞けなかったんだ、勇気が足りなくてな。まあ同じ事さ、目を見りゃ分かるからな。じゃ、さよなら!」
もう一度素早く接吻を交わし、アリョーシャが出ようとしかけたところに、ふいにミーチャが再び大声で彼を呼び寄せた。
「僕の前に立ってくれ、そうだそれでいい」

・ イワンの本心をドミートリィは察しています。以前、ドミートリィがフョードルの家に突然乱入し、父に殴りかかったところをイワンが危うく抑えた事がありました。彼の粗暴な面や動機を知っているイワンが、そう思うのも無理はありません。