何も起こらなかったでしょう2017-05-23

 ≪- Как ждал, к себе?
- Зачем ко мне. В дом их ждал, потому сумления для меня уже не было никакого в том, что они в эту самую ночь прибудут, ибо им, меня лишимшись и никаких сведений не имемши, беспременно приходилось самим в дом влезть через забор-с, как они умели-с, и что ни есть совершить.
- А если бы не пришёл?
- Тогда ничего бы и не было-с. Без них не решился бы.≫

<試訳> 「待っていたと? 自分の所に来るのをか?」
「私の所へなど来るもんですか。母屋へ来るのをです。私としては、ドミートリィ様が当夜やって来るのは何の疑いもありませんでしたからね。どうしてかと言いますと、私がいなくなって情報が何も手に入らないので、あの方は何としても自力で塀を乗り越えてお屋敷に入り込む他ないからです。あの方ならお得意のもので、実行するに違いありませんよ」
「だが、もし来なかったら?」
「その時は何も起こらなかったでしょうね。あの方がいなければ、私は決心しなかったはずですから」

・ スメルジャコフはドミートリィが来るのを待ちます。グルーシェンカやフョードルの情報を知らせる約束になっています。一方でフョードルからも彼らの来訪を知らせる役割を命じられています。双方の心理を利用しようとしているのです。

私に優しくしてくれました2017-05-22

 ≪- Положили меня на эту койку-с, я так и знал, что за перегородку-с, потому Марфа Игнатьевна во всё разы, как я болен, всегда меня на ночь за эту самую перегородку у себя в помещении клали-с. Нежные оне всегда ко мне были с самого моего рпждения-с. Ночью стонал-с, только тихо. Всё ожидал Дмитрия Фёдоровича.≫

<試訳> 「寝床に寝かせられましてね。衝立の後ろに寝かされるのは分かっていました、と言うのは、私が病気の時はマルファが決まっていつも、就寝前に自分の部屋の衝立の陰に寝かせてくれましたからね。生まれ落ちた時から、いつだってあの人は私に優しくしてくれましたよ。夜分に私は呻き声をあげました、もっとも、低い声でですがね。ひたすらドミートリィ様を待ちましてね」

・ スメルジャコフは癲癇の発作を装って、グリゴーリィ夫妻の部屋で機会を窺ったのです。彼はフョードルの屋敷の敷地内で生まれ、母親が産後すぐに亡くなり、グリゴーリィ夫妻に育てらます。マルファの優しさを強く感じている事にほっとします。

本物の発作が襲う2017-05-21

 ≪- Стой! И всё время, и потом, и в больнице всё притворялся?
- Никак нет-с. На другой день, на утро, до больницы ещё, ударила настоящая и столь сильная, что уже много лет таковой не бывало. Два дня был в совершенном беспамятстве.
- Хорошо, хорошо. Продолжай дальше.≫

<試訳> 「ちょっと待て! するとずっとなのか、その後、病院でも相変わらず仮病を使っていたのか?」
「とんでもありません。翌朝になって、まだ病院に着く前に、本物の発作が襲いましてね、もう何年もあれほどのは起きなかったぐらいのひどく激しい発作でした。2日間も完全に意識不明の状態でしたからね」
「分かった、もういい。先を続けろ」

・ スメルジャコフは偽りの発作を演じていて、事件後に本当の癲癇発作を起こしたのです。それは彼にとって予定外ですが、結果的には病状に関する医師の証言で、アリバイがより強固になるのです。

仮病にきまってますよ2017-05-20

 ≪- Расскажи только в подробности, как ты это сделал. Всё по порядку. Ничего не забудь. Подробности, главное подробности. Прошу.
- Вы уехали, я упал тогда в погреб-с..
- В падучей или притворился?
- Понятно, что притворился-с. Во всем притворился. С лестницы спокойно сошёл-с, в самый низ-с, и спокойно лёг-с, а как лёг, тут и завопил. И бился, пока вынесли.≫

<試訳> 「それをお前がどのように実行したのか、とにかく詳しく言うんだぞ。順を追って洗いざらい。何一つ忘れずに。詳しくな、何より細部が肝心なんだ。頼むぞ」
「あなたがお発ちになりまして、それから私は穴蔵に落ちましてね…」
「発作か、それとも仮病なのか?」
「そりゃあ仮病に決まってますよ。何もかも見せかけでしたよ。階段をそっとその真下に降りて静かに横になり、横になるとすぐそこで大声でわめき出しましてね。運び出される間、もがいていました」

・ スメルジャコフの計画はイワンが出発した直後から実行されたのです。まずアリバイ作りのための発作を演じます。イワンの頼みとは言え、スメルジャコフがためらわずに経緯を語り出します。謎解きしてみせるのがむしろ得意そうにさえ感じます。

あの言葉に従って2017-05-19

 ≪Он как бы утих. Он уверенно ждал, что Смердяков всё теперь скажет.
- Об том как это было сделано-с? - вдохнул Смердяков. - Самым естественным манером сделанро было-с, с ваших тех самых слов...
- Об моих словах потом, - прервал опять Иван, но уже не крича как прежде, твёрдо выговаривая слова и как бы совсем овладев собою.≫

<試訳> イワンは落着いたようだった。彼はスメルジャコフが今に何もかも話すだろうと確信して待った。
「どんな風にやり遂げたかって事ですな?」 スメルジャコフはため息をついた。「ごく普通の方法でやりましたよ、あなたの例のあの言葉に従って・・・」
「僕の言葉については後回しだ」 イワンがまた遮ったが、もう前の様に叫ぶのではなく、しっかりした語調で話し自分を抑えているようだった。

・ イワンはスメルジャコフが犯行の経緯を明かすのをじりじりして待ちます。明日は兄が裁かれるのですから、イワンは何としても事実を知りたいはずです。二人だけの密室で、実行犯が自ら事実を語ろうとしています。

どうか話してくれ2017-05-18

 ≪Название книги было: Святого отца нашего Исаака Сирина слова. Иван Фёдорович успел машинально прочесть заглавие.
- Не хочу лимонаду, -сказал он. - Обо мне потом. Садись и говори: как ты это сделал? Всё говори...
- Вы бы пальто хоть сняли-с, а то весь взопреете.
Иван Фёдорович, будто теперь только догадавшись, сорвал пальто и бросил его, не сходя со стула, на лавку.
- Говори же, пожалуйста говори!≫

<試訳> 書名は 『我らの聖イサク・シリーン神父の言葉』 だった。イワンは無意識に表題を読みとっていた。
「レモネードはいらん」 と彼は言って 「僕の事は後回しだ。座って話してくれ、どんな風にやった? 何もかも話せ…」
「せめて外套をお脱ぎになったらどうです、びっしょり汗まみれになりますよ」
イワンはたった今気がついたように外套を脱ぐと、椅子から離れずにベンチに放り投げた。
「さあ話すんだ、どうか話してくれ!」

・ イワンはスメルジャコフに犯行の経緯を執拗に問いただします。相手が何かとはぐらかして言い出さないので、焦っている様子がありありと見えます。
イサク・シリーン神父は7世紀に実在した隠者です。スメルジャコフはグリゴーリィの影響もあって、鞭身派という宗派に興味があったようです。

本を札束にかぶせた2017-05-17

 ≪И он опять кивнул на пачки. Он двинулся было встать кликнуть в дверь Марью Кондратьевну, чтобы та сделала и принесла лимонаду, но, отыскивая чем бы накрыть деньги, чтобы та не увилела их, вынул было сперва платок, но так как тот опять оказался совсем засморканным, то взял со стола ту единственную лежавшую на нём толсту жёлтую книгу, которую заметил войдя Иван, и придавил ею деньги.≫

<試訳> そう言ってスメルジャコフはまた札束を顎で示した。彼はマリアにレモネードを作って運ばせるために、立ち上がって戸口から声をあげようと動きかけて、彼女に金を見られないように隠すものを探し、まずハンカチを取り出そうとした。だが、それがまたすっかり鼻汁で汚れているのが分かると、テーブルの上から、イワンが入って来た時に目にした、あの一冊だけの分厚い黄色い本を手にとって札束にかぶせた。

・ スメルジャコフが病状のわりに積極的です。証拠を見せつけてイワンを驚かせたのが嬉しいようです。フョードルを殺害し、ドミートリィを冤罪に陥れ、イワンを共犯として苦しめる彼の行為は、カラマーゾフ家に怨念を晴らしているかのようにも感じます。

言葉が出てこない2017-05-16

 ≪- Всего только вместе с вами-с, с вами вместе убил-с, а Дмитрий Фёдорович как есть безвинны-с.
- Хорошо, хорошо,.. Обо мне потом. Чего это я всё дрожу... Слова не могу выговорить.
- Всё тогда смелы были-с, "всё дескать позволено", говорили-с, а теперь вот так испугались! - пролепетал дивясь Смердяков, - Лимонаду не хотите ли, сейчас прикажу-с. Очень освеить может. Только вот это бы прежде накрыть-с.≫

<試訳> 「あなたと一緒にやっただけですよ、あなたと組んで殺したんですから、ドミートリィ様は全く潔白でございますよ」
「分かった、分かった…。僕についてはあとでいい。なぜか震えが止まらない… 言葉が出てこない」
「あの時はいつも勇敢で “ 全ては許されている ” などと話されてましたのに、今はそんなに怖がってらっしゃるなんて!」 と驚きながらスメルジャコフが言った。「レモネードはいかがですかな、今すぐ申しつけますよ。大いにさっぱりできますよ。ただその前にほら、これを隠さなければ」

・ 実際はスメルジャコフの単独犯行なのに、彼はイワンを巻き込もうとします。主犯だとまで言われてイワンは震えが止まりません。すっかりスメルジャコフに主導権を握られています。

ドミートリィだと思っていた2017-05-15

 ≪- пригласил он Ивана, кивая на деньги. Иван опустился на стул. Он был бледен как платок.
- Ты меня испугал... с этим чулком... - проговорил он, как-то странно ухмыляясь.
- Неужто же, неужто вы до сих пор не знали? - спросил ещё раз Смердяков.
- Нет, не знал. Я всё на Дмитрия думал. Брат! брат! Ах! - Он вдруг схватил себя за голову обеими луками. - Слушай: ты один убил? без брата или с братом?≫

<試訳> スメルジャコフが金を顎でしゃくりがらイワンに受け取るよう勧めた。イワンは椅子にどっと座り込んだ。ハンカチのように真っ青だった。
「驚かしてくれたな… 靴下でとは…」 何か異様な薄笑いを浮かべながら彼は言った。
「本当に今まであなたはご存じなかったんですか?」 もう一度スメルジャコフが尋ねた。
「そうだ、知らなかった。ずっとドミートリだと思っていた。兄さん! 兄さん! ああ!」 彼は突然両手で頭を抱えた。「おい、お前一人で殺したのか? 兄の手助けなしに、それとも兄と組んでやったのか?」

・ スメルジャコフに父の金を見せつけられて、イワンは彼の犯行を思い知らされます。これまでドミートリィだと思い込んでいたのですから衝撃で、動揺と混乱は相当でしょう。スメルジャコフは、イワンが知っていながら黙認したと考えていたようです。

毒蛇に触れたように2017-05-14

 ≪- Извольте взглянуть-с, - так же тихо произнёс Смердяков. Иван щагнул к столу, взялся было запачку и стал её развёртывать, но вдруг отдёрнул пальцы как будто от прикосновения какого-то отвратительного, страшного гада.
- Пальцы-то у вас всё дрожат-с, в судороге, - заметил Смердяков и сам не спеша развернул бумагу. Под обёрткой оказались три пачки сторублевых радужных кредиток.
- Всё здесь-с, всё три тысячи, хоть не считайте. Примите-с,≫

<試訳> 「どうぞご覧なさって」 やはり小声でスメルジャコフは言った。イワンはテーブルに歩み寄って紙包みを手に取り開こうとしかけたが、急にまるで何か忌まわしい毒蛇に触れたように指を引っ込めた。
「指がまだ震えて、痙攣してますな」 とスメルジャコフが見て取ると、自分でゆっくりと紙包みを開いた。包み紙の下に百ルーブル紙幣の束が3つ現れた。
「そっくりここに、お数えにならなくても全額3千ルーブルありますよ。お取り下さい」

・ フョードルから奪った金は、スメルジャコフの犯行を示す決定的証拠です。イワンはそれを目にしてもはや疑う余地はありません。その金を受け取れというのですから、スメルジャコフの犯行の目的はいったい何だったのか、謎は残ります。