今に見てるといいわ2016-06-25

 ≪- Я тебе не солгу. Иван в Катерину Ивановну не влюблён, так я думаю.
- Ну, так и я тогда же подумала! Лжёт он мне, бесстыжий, вот что! И приревновал он теперь мнея, чтобы потом на меня свалить. Ведь он дурак, ведь он не умеет концов хоронить, откровенный он ведь такой... Только я ж ему, я ж ему! "Ты, говорит, веришь, что я убил" - это мне-то он говорит, мне-то, это меня-то он тем попрекнул! Бог с ним! Ну, постой, плохо этой Катьке будет от меня на суде! Я там одно такое словечко скажу... Я там уж всё скажу!≫

<試訳> 「嘘は言いません。イワン兄さんはカテリーナさんに恋をしてはいませんよ、僕はそう思います」
「そう、私もその時そう思ったの! あの人嘘を言ってるんだわ、恥知らずな人よ、そうだわ! しかも後で私のせいにするために、あの人は今になって私に嫉妬しているのよ。だってあの人愚かだから最後まで隠しおおせないもの、とても開けっぴろげなんだから・・・。ただ、あの人なんか、今に見てるといいわ! “ お前は僕が殺したと信じこんでるな ” なんて言うのよ。そんな事を私に言うの、私によ、そんな言い方で私を咎めるなんて! 勝手にするといい! さあ、待ってるといいわ、カーチカなんて私のために法廷でまずい事になるんだから! そこでそうなるような陳述をしてやるの・・・。洗いざらい話すつもりよ!」

・ グルーシェンカはアリョーシャの判断を聞き、カテリーナを好いているのはイワンではなくドミートリィではないかという疑いを強めます。彼女への対抗心は激しく恐ろしいばかりです。殺人事件を裁く法廷が嫉妬の争いの場になりそうな気配です。
以前のイワンとカテリーナのやり取りの印象からは、アリョーシャの判断は疑問です。

あの女が発端なの2016-06-24

 ≪- Ты сама-то что же думаешь?
- А что думаю? Конец мне пришёл, вот что думаю. Конец мне они все трое приготовили, потому что тут Катька. Всё это Катька, от неё и идёт. "Такая она и сякая", значит это я не такая. Это он вперёд говорит, вперёд меня предупреждает. Бросить он меня замыслил, вот и весь тут секрет! Втроем это и придумали, - Митька, Катька, да Иван Фёдорович. Алёша, хотела я тебя спросить давно: неделю назад он мне, вдруг и открывает, что Иван влюблён в Катьку, потому что часто к той ходит. Правду он это мне сказал или нет? Говори по совести, режь меня.≫

<試訳> 「あなたご自身はどうお思いなのですか?」
「どう思うかですって? 私に終りがやって来たんだって、そう思ってるわ。あの人達3人が皆して私に幕引きの手筈を整えたのよ、なぜって、そこにカーチカが加わっているんですもの。これは全部カーチカよ、あの女が発端なのよ。“ あいつはそういう女だ ” なんて言って、つまり私がそういう女じゃないってわけよ。あの人は予め言ってるの、前もって警告してるのよ。私を棄てようともくろんだというわけ、これがその秘密の全てよ! これを3人で考え出したんだわ、ミーチカ、カーチカ、それとイワンさんとでね。アリョーシャ、前からあなたに尋ねたかったの。1週間前にあの人が突然打ち明けた事なんだけど、イワンがカーチカに恋しているって、なぜならしょっちゅうあの女の所に通ってるからだって。あの人は本当の事を言ったの、それとも嘘かしら? 良心に従って言って、私にずばりと言ってちょうだい」

・ グルーシェンカはドミートリィたちの秘密は事件に関するものではなく愛情問題だと思い込んでいて、カテリーナに対してかなり敵愾心と嫉妬心を持っています。こんな時にそれどころではないと思うのですが、ドミートリィがはっきりしないためです。このような問題を相談されるアリョーシャも気の毒です。

秘密を探ってきて2016-06-23

 ≪Потому тут секрет, сам сказал, что секрет... Алёша, голубчик, сходи, выведай: какой это такой у них секрет, да и приди мне сказать, - вскинулась и взмолилась вдруг Грушенька, - пореши ты меня бедную, чтоб уж знала я мою участь проклятую! С тем и звала тебя.
- Ты думаешь, что это про тебя что-нибудь? Так ведь тогда бы он не сказал при тебе про секрет.
- Не знаю. Может мне-то он и хочет сказать, да не смеет. Предупреждает. Секрет дескать есть, - а какой секрет - не сказал.≫

<試訳> 「なぜって、秘密があるからよ、自分で秘密の事、言ってたんですもの・・・。アリョーシャ、ねえ、行ってきて、あの人達にいったいどんな秘密があるのかを探って、知らせに来てちょうだい」 さっと席を立って不意にグルーシェンカが懇願した。 「私の呪われた運命を知りたいわ、哀れな私にあなたが決着をつけて! そのためにあなたを呼んだのよ」
「それは何かあなたに関係する事だとお思いなんですか? もしそうなら、あなたの前でその時秘密について言わないはずです」
「分からないわ。もしかしたら私に言いたくても、思い切って言えないのかも知れない。前もって警告してるのよ。秘密があると言いながら、どんな秘密なのか話さないんだもの」

・ ドミートリィの言う秘密を確かめるようアリョーシャは頼まれます。イワンとドミートリィの間の秘密という事で、グルーシェンカはどうしてもカテリーナの影を勘ぐってしまうのです。当面の重大事の裁判の事はすっかり飛んでしまったようです。

あなたを恐れているのよ2016-06-22

 ≪- А ты сказала: раздражён?
- Да он и раздражён, да весёлый. Он и всё раздражён, да на минутку, а там весёлый, а потом вдруг опять раздражён. И знаешь, Алёша, всё я на него дивлюсь: впереди такой страх, а он даже иной раз таким пустякам хохочет, точно сам-то дитя.
- И это правда, что он мне не велел говорить про Ивана? так и сказал: не говори?
- Так и скажал: не говори. Тебя-то он, главное, и боится, Митя-то.≫

<試訳> 「あなたは、ミーチャが苛立っていると言いましたけど?」
「ええ、あの人は苛立っていて、それでいて陽気なの。あの人はのべつ苛立っているんですもの、それがちょっとの間ですぐ陽気になるんだけど、そのあと突然また苛立つんだわ。それでねアリョーシャ、いつもあの人には驚くの。この先とても恐ろしい事を控えているのに、あの人ったら時々まるで子供みたいにほんとにつまらない事でげらげら笑いさえするのよ」
「それで、イワン兄さんの事をミーチャが僕に話さないように口止めしたのは本当ですか? 話すなと、そう言ったんですか?」
「そう言ったわ、話すなって。要するに、あなたを恐れているのよ、ミーチャは」

・ ドミートリィが何を考え、どこまで本気なのかよく分かりません。毎日会っているグルーシェンカにとっても不可解なのです。様子を聞いたアリョーシャとしても、ドミートリィに会って話してみる他はないでしょう。

不安を抱えている2016-06-21

 ≪- Перемена, перемена! - быстро подхватила Грушенька. - У них секрет, у них был секрет! Митя мне сам сказал, что секрет и, знаешь, такой секрет, что Митя и успокоиться не может. А ведь прежде был весёлый, да он и теперь весёлый; только, знаешь, когда начнёт этак головой мотать, да по комнате шагать, а вот этим правым пальцем себе тут на виске волосы теребить, то уж я и знаю, что у него что-то беспокойное на душе... я уж знаю!.. А то был весёлый, да и сегодня весёлый!≫

<試訳> 「変わったわ、変わったのよ!」 突然グルーシェンカが相槌を打った。「あの人達には秘密があるわ、秘密があったのよ! ミーチャが自分で私に言ったわ、秘密があるんだって、それもね、平静ではいられないほどの秘密よ。だって前は朗らかだったんですもの、もちろん今も陽気よ、ただね、こんなふうに頭を振って部屋の中を歩き回ったり、こうして右手の指でもみあげの髪をしきりに引っ張り始めると、もう分かるの、あの人が何か心に不安を抱えているって・・・ 私、分かる!・・・ だって陽気な人だったんですもの、もっとも今日も陽気ではあったわ!」

・ グルーシェンカはドミートリィの心の中の変化に気づきながら、それが何か分からないのです。彼とイワンの間にある秘密も謎のままで気を揉ませます。裁判が迫っているのですが、それらは影響するのでしょうか。

誰にも言わないでくれ2016-06-20

 ≪Мите-то он не велел об том тебе сказывать, отнюдь не велел, да и никому ни велел сказывать, потаённо приходил.
Алёша сидел в глубокой задумчивости и что-то соображал. Известие видимо его поразило.
- Брат Иван об Митином деле со мной не говорит, - проговорил он медленно, - да и вообще со мною он во всё эти два месяца очень мало говорил, а когда я приходил к нему, то всегда бывал недоволен, что я пришёл, так что я три недели к нему уже не хожу. Гм... Если он был неделю назад, то... за эту неделю в Мите действительно произошла какая-то преремена...≫

<試訳> 「イワンさんがミーチャにね、来た事をあなたに話してはいけない、決して言わないようにって口止めしたのよ、こっそり来たんだから誰にも言わないでくれってね」
アリョーシャは深い物思いに沈んで何かを考え巡らしていた。この知らせは明らかに彼を驚かせた。
「イワン兄さんはミーチャの事件について僕と話さないんです」 彼はゆっくり話した。「そう、だいたいがこの2ヶ月ほどの間ずっと、ほとんど僕と話していません。訪ねて行くといつも僕が来た事が不満な様子で、だからもう3週間ほど訪ねていません。うーん・・・。もし兄さんが1週間前に行ったとすると・・・ この1週間でミーチャの気持に何かしら変化が実際に生じたんです・・・」

・ アリョーシャに対してイワンの方がこだわりを持っているようです。長兄の一大事なのに、兄弟でしっくりしない感じです。かつて二人は居酒屋で会って話しこみました。イワンが大審問官の話など長広舌をしたときです。彼は別れ際にアリョーシャにこう言っています。
“ ・・・ お前がどこかにいるんだというだけで僕には十分だし、生きる気を失わずに済む。(中略))、僕等がまたどうかして出会ったとしても、お前は僕とこんな話題についてはもうひと言も話さないでくれ。くれぐれも頼むぞ。それから兄のドミートリィについても同じ様に、特に頼んでおくけど、これからは二度と僕に話を持ちかけないでくれ ”
イワンには、この時点ですでにドミートリィに対して強いわだかまりがあったのです。みごとに照応している伏線だと思います。

本当の事を全部話すわ2016-06-19

 ≪- Как ходил? Да разве он ходил к нему? Митя мне сам говорил, что Иван ни разу не приходил.
- Ну... ну, вот я какая! проболталась! - воскликнула Грушенька в смущении, вся вдруг зарумянившись. - Стой, Алёша, молчи, так и быть, коль уж проболталаьсь, всю правду скажу: он у него два раза был, первый раз только что он тогда приехал - тогда же ведь он сейчас из Москвы и прискакал, я ещё и слечь не успела, а другой раз приходил неделю назад.≫

<試訳> 「来てたですって? 本当にイワン兄さんは面会に来てたのですか? ミーチャは僕に、イワンは一度もやって来ないと自分で言っていましたが」
「それは・・・ まあ、私ってだめね! 口を滑らせちゃった!」グルーシェンカは急に顔を真っ赤にし、どぎまぎして叫んだ。「待ってて、アリョーシャ、黙ってて、しょうがないわ、もうしゃべっちゃったんだから本当の事を全部話すわ。イワンさんはねあの人の所に2度来たの、最初は彼が到着してすぐによ、だってその時はモスクワからすぐに駆けつけたの、私がまだ病床に就く前にね、2度目は1週間前だわ」

・ なぜイワンが面会に来た事をドミートリィもグルーシェンカもアリョーシャに隠そうとしたのか、アリョーシャにとっては複雑な思いでしょう。その事情をぜひ知りたいものです。

ただ泣き出すしかなかった2016-06-18

 ≪Что это такое, какое такое дитё - ничегошеньки не поняла. Только расплакалась, как он говорил, потому очень уж он хорошо это говорил, сам плачет, и я заплакала, он меня вдруг и поцеловал и рукой перекрестил. Что это такое, Алёша, расскажи ты мне, какое это "дитё"?
- Это к нему Ракитин почему-то повадился ходить, - улыбнулся Алёша, - впрочем... это не от Ракитина. Я у него вчера не был, сегодня буду.
- Нет, это не Рамитка, это его брат Иван Фёдорович смущает, это он к нему ходит, вот что... - проговорила Грушенька и вдруг как бы осеклась. Алёща уставился на неё как поражённый.≫

<試訳> 「これはどういう事なのかしら、どこのどんな童子なのか、さっぱり分からなかったわ。あの人が話したら、私はただ泣き出すしかなかったの、だってあの人その事をとても巧みに話して自分で泣くんですもの、私も泣けてね、そしたらあの人は突然私に接吻して、手で十字を切ってくれたの。どういう事かしら、アリョーシャ教えて、“ 童子 ” って何の事かしら?」
「それは、ミーチャの所にラキーチンがどういうわけかしきりに面会に通って親しくしていましたから」 アリョーシャは笑みを浮かべた。「けれど・・・ その事はラキーチンのせいではないですね。昨日兄に面会に行かなかったので、僕は今日行くつもりです」
「違うわ、それはラキートカじゃなくてあの人のお兄さん、イワンさんが惑わしてるのよ、面会によく来ているんですもの、そうだわ・・・」 グルーシェンカはそう言って不意に口をつぐんだ。アリョーシャは衝撃を受けたように彼女をじっと見つめた。

・ “ 無実だけれども、惨めな童子のためにシベリアに行かなければならない ” と、奇妙な事を言い出したのはイワンの影響では、とグルーシェンカが考えます。確かにイワンは子供の不幸について憤慨してアリョーシャに熱っぽく語った事はあります。そうだとしても、シベリア行きとどう結びつくのか疑問です。公判を控えてこの謎めいた考えはどんな意味を持つのでしょう。

なぜ童子は惨めなんだ2016-06-17

 ≪- Знаешь, Алёшенька, давно я хотела тебе про это сказать: хожу к нему кждый день и просто дивлюсь. Скажи ты мне, как ты думаешь: об чём это он теперь начал всё говорить? заговорит, заговорит, - ничего понимать не могу, думаю, это он об чём умном, ну я глупая, не понять мне, думаю; только стал он мне вдруг говорить про дитё, то-есть про дитятю какого-то, "зачем, дескадь, бедно дитё?" "За дитё-то это я теперь и в Сибирь пойду, я не убил, но мне надо в Сибирь пойти!"≫

<試訳> 「よくってアリョーシェニカ、前からこの事を話したいと思っていたんだけど、毎日ミーチャに面会に通っていてね、不思議でならないの。どう思うか話してちょうだい。今あの人がしきりに言い始めたのは、いったい何の事なんでしょう? 話したかと思うとまた話しだすのよ、でも私は何一つ分からないのよ。あの人が難しい事を話しているけど、私が愚かだから分からないんだと、そう思うの。とにかく童子について急に話すようになってね、どこか田舎の子供達についてなのよ、“ なぜ童子は惨めなんだ? ” とか “ この童子のために僕はこれからシベリアに行く、僕は殺しちゃいない、だけどシベリアに行かなければならないんだ! ” なんて言うのよ。

・ ドミートリィが “ 童子のためにシベリアに行かなければならない ” と謎めいた事を言い出すのですが、その真意は分かりません。彼が以前どこかの田舎道を行った時に、路傍で飢えた子供を抱いた農婦たちの陰鬱で悲惨な列を眺める場面があったような記憶があるのですが、探し出せませんでした。
子供の不幸については、イワンも強く憤慨していますし、またアリョーシャもイリューシャとのかかわりで現実に子供たちと向い合っています。作者が大きなテーマと考えているのだと思います。

最も深刻な証言2016-06-16

 ≪- А Григорий-то, Григорий-то Васильич, ведь стоит на своём, что дверь была отперта, ломит на своём, что видел, не собьёшь его, я к нему бегала, сама с ним говорила. Ругается ещё!
- Да, это может быть самое сильное показание против брата, - проговорил Алёша.
- А про то, что Митя помешанный, так он и теперь точно таков, - с каким-то особенно озабоченным и таинственным видом начала вдруг Грушенька.≫

<試訳> 「グリゴーリィよ、グリゴーリィ・ワシーリッチが問題だわ、だって戸が開いていたと言い張り、それを見たと言って曲げないのよ、打ち負かせないわ。私、彼の所に駆けつけてじかに彼と話をしたわ。ずっと雑言を吐いてるの!」
「そうですね、それは兄に不利な、最も深刻な証言かも知れません」 アリョーシャが言った。
「それとミーチャが錯乱しているという事なんだけど、今もまるでそうみたいなの」 何かことさら気がかりなような謎めいた面持ちで、ふとグルーシェンカが話し始めた。

・ グリゴーリィはフョードルの邸の庭で、逃げるドミートリィを追いかけてひどく殴られました。事件当日の現場近くでドミートリィと接触した証人として司法当局にとって重要な人物です。偽証する理由がないのですから彼の証言は重視されるでしょう。グルーシェンカとアリョーシャはドミートリィの嫌疑を晴らす事の難しさを思い知らされます。