思想の傾向が伴っている2016-07-24

 ≪Господи, я думала, они подерутся: "Это я, говорит, написал. Я, говорит, написал в шутку, потому что считаю за низость писать стихи... Только стихи мои хороши. Вашему Пушкину за женские ножки монумент хотят ставить, а у меня с направлением, а вы сами, говорит, крепостник; вы, говорит, никакой гуманности не имеете, вы никаких теперешних просвещённых чувств не чувствуете, вас не коснулось развитие, вы, говорит, чиновник и взятки берёте"≫

<試訳> 「ああ、私はあの人達が掴み合いをすると思いましたわ。“ 書いたのはこの僕だよ ” とラキーチンが言いいましてね。“ 僕が冗談半分に書いたんだ、詩を書くなんて愚劣な事だと思ってるからね・・・ ただ僕の詩は素晴らしいぜ。君らが敬愛するプ―シキンに対して、ご婦人の足を詩にしたという事で、世間じゃ記念碑でも建ててやりたいそうだが、僕の詩には思想の傾向が伴っている。ところが君自身は農奴制擁護者だ ” とこうなんですよ。“ 何ら人道性を持ち合せちゃいないし、現代の文化的な感覚をまるで理解していない、時代の発展は君をかすりもしない、君は官吏で袖の下を取るのが仕事さ ” と言ったんですのよ」

・ 自作の詩を笑われたラキーチンがペルホーチンにかなり感情的になって批難の言葉を投げつけます。以前からペルホーチンの洗練された物腰や、夫人に好かれている様子が面白くなかったようです。

ひどい詩ですね2016-07-23

 ≪Но я уверена, я уверена, что он сейчас догадолся, хотя и до сих пор не признается, а говорит, что не догадолся; но это он нарочно. Пётр Ильич тотчас захохотал и начал критиковать: - дрянные, говорит, стишенки, кокой-нибудь семинарист написал, - да, знаете, с таким азартом, с таким азартом! Тут ваш друг вместо того, чтобы рассмеяться, вдруг совсем взбесился...≫

<試訳> 「でも請け合います、断言しますわ、その時ペルホーチンさんは気づいたのよ、いまだに白状していませんし、むしろ気づかなかったなんて言ってはいますけれど、でもそれはわざとなのよ。ペルホーチンさんはすぐに高笑いをして批評し始めたんです。“ ひどい詩ですね、どこかの神学生でも書いたんでしょう ” と言って、そうなんです、それはもうひどく興奮して夢中で酷評するんですのよ! それであなたのお友達は笑う代わりに、突然激しく怒り出しましてね・・・」

・ ペルホーチンはドミートリィと応対していた時は、穏やかで節度がありました。この時はよほどラキーチンに対して感情的になっていたのでしょう。夫人に取り入るラキーチンを以前から苦々しく思っていたのかも知れません。青年の心を弄ぶかのような夫人の振舞いも問題だと思います。

詩をお見せしたのよ2016-07-22

 ≪Ну, я, разумеется, поблагодарила, и он был видима польщён. Не успела поблагодарить, как вдруг входит и Пётр Ильич, а Михаил Иванович вдруг насупился как ночь. Я уж вижу, что Пётр Ильич ему в чём-то помешал, потому что Михаил Иванович непременно что-то хотел сказать сейчас после стихов, я уж предчувствовала, а Пётр Ильич и вошёл. Я вдруг Пётру Ильичу стихи и показываю, да и не говорю кто сочинил.≫

<試訳> 「それで、私はもちろんお礼を言いましたわ、するとラキーチンも見るからに気を良くしましたの。お礼を言い終わる間もなく突然ペルホーチンさんが入ってきましてね、ラキーチンは急に不機嫌そうな暗い顔つきになったんです。どうやらペルホーチンさんが邪魔したのだろうと、もう分かりましたわ。なぜってラキーチンは詩を渡した後すぐに何か言いたかったのは間違いないんですもの、私ももう予期していましたしね、で、ペルホーチンは入ってきましたわ。とっさに私はペルホーチンさんに詩をお見せしたのよ、しかも誰が作ったかは言わずにですわ」

・ ラキーチンの出入りを断ったいきさつを夫人は延々と語り続けます。二人の青年を相手にしたやりとりを楽しんでいて、得意気にも聞こえます。夫人は暇でしょうが、少しでも早く深刻な状況の人達の所へ行きたいアリョーシャにつき合わせるのは酷です。

自作の詩を持って2016-07-21

 ≪Вот вдруг я сижу одна, т.е. нет, я тогда уж лежала, вдруг я лежу одна, Михаил Иванович и приходит и, представьте, приносит свои стишки, самые коротенькие, на мою больную ногу, т.е. описал в стихах мою больную ногу. Постайте, как это:

Эта ножка, эта ножка
Разболелася немножко... -

или как там, - вот никак не могу стихов запомнить, - у меня тут лежат, - ну я вам потом покажу, только прелесть, прелесть, и. знаете, не об одной только ножке, а и нравоучительное, с прелестною идеей только я её забыла, одним словом, прямо в ольбом.≫

<試訳> 「ところがふと私が一人で座っていましたら、ということは、いえね、もうその時は床に就いていたのですから、ふと一人で床に就いていましたらですわね、意外にも自作の小詩を持ってラキーチンがやって来ましてね、私の病んだ足に関したとても短いもの、つまり、私の病んだ足を詩にしたものですのよ。お待ちになって、こんな詩ですわ。

このおみ足か、このおみ足か
少しばかり痛ましか・・・

まあそんなところだわ、どうしても詩は覚えられないの、そこにあるんですけど、いいわ後でお見せしますわね、とにかく素敵、素敵だわ。そうでしょう、単に足の事だけじゃなくて美しい思想を伴った教訓まで含んでおりますけど、忘れてしまいましたわ。要するに、そのままアルバムに入れたいほどなの」

・ 夫人はラキーチンの詩をほめちぎっています。青年にいたわられて嬉しい気持も分かりますが、つい先ほど彼の粗野なところをあげつらっていたばかりなので奇妙です。
詩の中で「足:нога」の指小形 「ножка」と「少しばかり:немножка」をうまく対応させて韻を踏んでいます。ロシア詩は読み上げた時に音韻がとても美しく響きます。訳で表現するのは難しいのですが、少しでも原文の音の雰囲気が出るように工夫してみました。原文の発音をカタカナに書いてみます。

 エタ ノシュカ  エタ ノシュカ
 ラズバレールシャ  ニェムノシュカ・・・

手を怖ろしく強く握りしめた2016-07-20

 ≪Ну, а ваш друг Ракитин приходит всегда в таких сапогах и протянет их по ковру... одним словом, он начал мне даже что-то намекать, а вдруг один раз , уходя, пожал мне ужасно крепко руку. Только что он мне пожал руку, как вдруг у меня разболелась нога. Он и прежде встречал у меня Пётра Ильича, и, верите ли, всё шпыняет его, всё шпыняет, так и мычит на него за что-то. Я только смотрю на них обоих, как они сойдутся, а внутри смеюсь.≫

<試訳> 「ところがあなたのお友達のラキーチンときたら、いつもあんな長靴をはいて、絨毯に足を伸ばすんですもの・・・ 。端的に言いますが、あの男は何か仄めかすようにさえなりましてね、一度など帰りしなにいきなり私の手を恐ろしく強く握りしめたんですのよ。彼に手を握られたとたん、急に私の足が悪くなったんですわ。彼は以前からここでペルホーチンさんに会っているんですが、それがどうでしょう、あの方を批難するんですのよ、のべつ批難しましてね、あの方に対して何かにつけてもぐもぐ言うんです。私はあの人達がどう折り合いをつけるのか、ただ二人を眺めているだけで、お腹の中では笑ってましたけれど」

・ 品のいいペルホーチンと粗野なラキーチンを出入りさせて、やりとりを傍らで見物している夫人のしたたかさを感じます。ドミートリィが借りに来たくらいですから、経済的に余裕があるので、このように人を出入りさせる事ができるのでしょう。

おとりなしするつもりです2016-07-19

 ≪Приходит он в три дня раз, а не каждый день (хотя пусть бы и каждый день), и всегда так хорошо одет, и вообще я люблю молодёжь, Алёша, талантливую, скромную, вот как вы, а у него почти государственный ум, он так мило говорит, и я непременно, непременно буду просить за него. Это будущий дипломат. Он в тот ужасный день меня почти от смерти спас, придя ко мне ночью.≫

<試訳> 「ペルホーチンさんは三日に一度いらっしゃいましてね、毎日ではありませんわ、毎日でもよろしいんですのに。いつもきちんと身なりを整えられてました。アリョーシャさん、私は概して、ほら、あなたのように才能豊かで慎み深い青年が好きでしょう、あの方には国政に携わるほどの能力がありますし、話し方もとても感じがいいですから、あの方のためになら、きっと、きっと私、おとりなしするつもりですわ。あの方は未来の外交官です。あの方はあの恐ろしい日に、夜中に私のところにおいでになって、私を死から救ってくれたも同然なのです」

・ 夫人はペルホーチンをすっかり気に入っています。社交界の人脈でも使って、彼のために口添えするつもりになっています。そのようなやり方で昇進を左右できるのが当時の階級社会だったのでしょう。現代でもそれはないとは言えませんが。

突然気づいたんですわ2016-07-18

 ≪Я это потом, потом только вдруг приметила, но вначале, т.е. с месяц назад, он стал бывать у меня чаще, почти каждый день, хотя и прежде мы были знакомы. Я ничего не знаю... и вот вдруг меня как бы озарило, и я начинаю, к удивлению, примечать. Вы знаете, я уже два месяца тому назад начала принимать этого скромного, милого и достойного молодого человека, Пётра Ильича Перхотина, который здесь служит. Вы столько раз его встречали сами: И не правда ли, он достойный, серьёзный.≫

<試訳> 「これは後でなんです、やっと後になって突然気づいたんですわ。最初のうち、と言いますのは、ひと月ほど前からラキーチンは私のところへしょっちゅう、ほとんど毎日のようにやって来るようになりましてね、以前から顔見知りではありましたけれど。私は何も知りませんでした・・・ そこで不意にひらめいたように気づいて驚きましたわ。ご存じのように、私もう2ヶ月ほど前から、この町でお勤めしている、あの慎み深くて感じのいい立派な青年ペルホーチンさんをお迎えし始めておりましたでしょう。あの方にはあなたも何度もお会いしていますよね。立派で、真面目な方です、そうじゃありませんこと」

・ ラキーチンが夫人の家に出入りするようになるより前に、ペルホーチンが客人として訪れていたのです。彼はドミートリィが事件後に、血で汚れた手に握りしめた札束を目撃していますし、その後モークロエに発つ前の時間を一緒に過ごしています。また、ドミートリィの出発後、心配になって駆けつけたのがホフラコワ夫人の家でした。それがきっかけで訪れるようになったのです。夫人が突然気がついたのは、ラキーチンの感情についてのようです。

恋をする気になったらしい2016-07-17

 ≪Ну, всё равно как к старцу Зосиме на исповеди, и это самое верное, это очень подходит: назвала же я вас давеча схимником, - ну так вот этот бедный молодой человек, ваш друг Ракитин (о, боже, я просто на него не могу сердиться! Я сержусь и злюсь, но не очень), одним словом, этот легкомысленный молодой человек, вдруг, представьте себе, кажется, вздумал в меня влюбиться.≫

<試訳> 「そう、ゾシマ長老に懺悔するのと同じようによ、それが一番しっくりしていて、とても似つかわしいわ。さっきあなたをスヒマ僧と言いましたもの。それであの気の毒な青年、あなたの友達のラキーチンは (ああ、何て事でしょうね、私、率直にあの男を怒る事ができないの! そりゃ怒ってはいます、苛立っていますけれど、それほどでもありませんのよ)、要するに、この軽薄な青年はおそらく、突然、意外にも私に恋をする気になったらしいのですわ」

・ ラキーチンは夫人の家に出入りしていた時に、金鉱行きを勧めた夫人とドミートリィとのやり取りを知ったのでしょう。事実と異なる記事について憤慨する様子を見せていた夫人ですが、反面、新聞に載った事は嬉しいようでもあります。呼び止められて、大事な用かと立ち寄ったアリョーシャは、これまでのところ聞き役にすぎません。

きわめて些細な事2016-07-16

 ≪Только маленькая, маленькая черточка, самая маленькая, так что может быть её и нет вовсе. Видите, голубчик мой (г-жа Хохлакова вдруг приняла какой-то игривый вид, и на устах её замелькала милая, хотя и загадочная улыбочка), видите, я подозреваю... вы меня простите, Алёша, я вам как мать... о, нет, нет, напротив, я к вам теперь как к моему отцу... потому что мать тут совсем не идёт...≫

<試訳> 「それはほんの小さな小さな部分で、きわめて些細な事ですから、そんなのは全くないも同然かも知れませんわ。こうなんですよ、あなた、(ホフラコワ夫人は急に、何かいたずらっぽい顔つきになった。謎めいた微笑を浮かべていたが、その口元がかわいらしくきらめいた)、こうなんです、私勘ぐっているのですが・・・ お許し下さいね、アリョーシャ、私はあなたに母親として・・・ おお、そうじゃない、違います、逆ですわ、今や自分の父親に対するような気持であなたに・・・ なぜって、母親はこの場合は全く似つかわしくありませんもの・・・」

・ 夫人がアリョーシャに何を話そうとしているのかまだ分かりません。特有の持って回った言い方で彼の興味を引こうとしているようです。“ ほんの1分だけ ” と夫人は言っていたはずなのに、とっくに1分は過ぎて彼女の饒舌は止まりそうにありません。

自分に責任があるかも知れない2016-07-15

 ≪- Я знаю, что вы его пригласили не посещать вас впредь, но за что именно - этого я... от вас по крайней мере не слыхал.
- А стало быть от него слышали! Что ж он бранит меня, очень бранит?
- Да, он бранит, но ведь он всех брант. Но за что вы ему отказали - я и от него не слыхал. Да и вообще я очень редко с ним теперь встречаюсь. Мы не друзья.
- Ну, так я вам это всё открою и, нечего делать, покаюсь, потому что тут есть одна черта, в которой я может быть сама виновата.≫

<試訳> 「あなたがラキーチンに、今後訪ねて来ないようにとおっしゃられたのは知っていますが、それがどうしてなのか僕は・・・ 少なくともあなたからは聞いていません」
「と言うと、あの人からは聞いたのですね! どうですか、あの人は私を悪く言っているのでしょう、とても悪く?」
「ええ、悪く言っていますが、でも彼はみんなを悪く言うんですよ。でもなぜ彼を斥けられたのでしょう、それは彼からも聞いていませんので。それに、だいたい僕はこのごろはすごく稀にしか彼に会いません。友達ではないのです」
「それなら、私は何もかも打ち明けましょう、仕方がありません。実を言うと、それには私自身に責任があるかも知れない部分があるんですもの」

・ 夫人とラキーチンの間に何か確執があったようです。夫人は彼がそれを根に持って悪意の記事を書いたと考えています。アリョーシャが彼と友達ではないと言い切ったのは意外です。