酔っ払いの一団2020-07-08

 ≪Мармеладов опять останвился в сильном волнении. В это время вошла с улицы целая партия пьяниц, уже и без того пьяных, и раздались у входа звуки нанятой шарманки и детский, надтреснутый семилетний глосок, певший "Хуторок". Стало шумно. Хозяин и прислуга занялись вошедшими. Мармеладов, не обращая внимания на вошедших, стал продолжать рассказ.≫

<試訳> マルメラードフは再び激しく興奮して絶句した。この時、通りから、すでにかなり酩酊している酔っ払いの一団が入って来て、入口近くで雇われた手風琴弾きの伴奏と、“ 小さな村 ” を歌う7歳くらいの子供の震えるような声が響いてきた。騒がしくなった。主人と給仕達は入って来た客の応対にとりかかった。マルメラードフは入って来た連中に見向きもせずに物語の続きを語り始めた。

・ 閑散としていた居酒屋の店内がにぎやかになります。マルメラードフはまだ自分の語りたい事があり、周囲の状況に無関心です。ラスコーリニコフも相変わらずじっと聞いていて、二人の間に何か通じ合うものがあるように感じます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック