独りで二階を占有2013-02-07

≪Во флигеле же помещались два его приказчика, из которых один был тоже многосемейный. И дети и приказчики теснились в своих помещениях, но верх дома занимал старик один и не пускал к себе жить даже дочь, ухаживавшую за ним, и которая в определённые часы и в неопределённые зовы его должна была каждый раз взбегать к нему на верх снизу, несмотря на давнишнюю одышку свою.≫

<試訳> 傍屋には番頭が二人住み、その一人はやはり大家族だった。子供達も管理人達も住まいにひしめいたのだが、老人だけは独りで屋敷の二階を占有していて、彼を看病する自分の娘さえもそこで暮らさせず、彼女は持病の喘息があるにもかかわらず決まった時刻と時を構わない呼び出しがある度に毎回下の階から二階へ駆け上がらなければならなかった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック