寝室だけに閉じこもって2013-02-09

 ≪Всё эти комнаты стояли совсем пустыми и необитаемыми, потому что больной старик жался лишь в одной комнатке, в отдалённой маленькой своей спаленке, где прислуживала ему старуха-служанка, с волосами в платочке, да "малый", пребывавший на залавке в передней. Ходить старик из-за распухших ног своих почти совсем уже не мог и только изредка поднимался со своих кожаных кресел, и старуха, придерживая его под руки, проводила его раз-другой по комнате. Был он строг и неразговорчив даже с этою старухой.≫

<試訳> これらの部屋はどれもがらんとしていて人影がなかった。病身の老人は奥まった自分の寝室だけに閉じこもっていて、そこではスカーフをかぶった老女中が彼の世話をし、控えの間の長持の上に “ 従僕 ” が座っているだけだったからだ。老人は足が腫れていてもうほとんど歩く事ができず、たまに自分の革張りの肘掛椅子から身を起こしたり、老女中が両手で支えて一二度付添って部屋を歩くのみだった。彼はこの老女中にさえも厳格で口もきかなかった

・ サムソーノフの老いた姿が寒々とした情景の中に描かれます。ドミートリィの到着したところから話は展開せず屋敷と老人の様子だけが続きました。二人が対面する場面の背景が読者の印象に刻まれます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック