どうして忘れられるでしょう2020-02-12

 ≪Давеча вот Коля сказал Карташову, что мы будто бы не хотим знать "есть он или нет на свете?" Да разве я могу забыть, что Карташов есть на свете и что вот он не краснеет уж теперь как тогда, когда, Трою открыл, а смотрит на меня своими славными, добрыми, весёлыми глазками.≫

<試訳> 先ほど、ほらコーリャがカルタショフに言いましたね、“ 彼がこの世にいるかいないか ” など知りたくないかのような事を。でも僕がはたしてカルタショフがこの世にいたのを忘れられるでしょうか。ほら、トロイについて解明したあの時のようにはもう顔を赤らめもせずに、彼が僕を美しく善良で快活な目で見つめている事をどうして忘れられるでしょうか?

・ 相手を無視したようなコーリャの言い方をとらえ、一人ひとりが大切な存在だとアリョーシャは強調します。声を荒げて厳しく諭すのではなく、自分の気持を穏やかに語る方が心に響くと教えられます。コーリャにもきっと伝わるでしょう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック