名誉治安判事に選出された2020-03-02

 ≪Я мало-помалу перебрался вниз, стал обедать в людской кухне, и из прежней роскоши у меня осталась только вся эта прислуга, которая ещё служила моему отцу и которую уволить мне было бы больно. В первые же годы меня здесь выбрали в почётные мировые судьи. Кое-кога приходилось наезжать в город и приниамть участие в заседаниях съезда и окружного суда, и это меня развлекало.≫

<試訳> 私は徐々に階下に移り住んで、使用人の台所で食事をするようになり、以前の贅沢のうちで残っているものと言えば、父の代からずっと仕えている使用人だけとなりました。暇を出すのが忍びなかったのです。最初の数年間。私はこの村で名誉治安判事に選出されました。時折、街に出かけて行って判事や地方裁判所の会議に出席したのですが、これが私の気晴らしになりました。

・ 農作業に追われる日々を過ごしている青年が、たまに街に出かけた時の懐かしい気分が想像されます。交わされる話題も新鮮で楽しいものだったでしょう。
残った “ 使用人 ” が、冒頭で話題にした料理番のニカノールと小間使いのペラゲーヤです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック