自分自身にも視線を向けける必要2018-09-05

 ≪Но когда-нибудь надо же и нам начать нашу жизнь трезво и вдумчиво, надо же и нам бросить взгляд на себя как на общество, надо же и нам хоть что-нибудь в нашем ощественном деле осмыслитьили только хоть начать осмысление наше. Великий писатель предшествовавшей эпохи, в финале величайшего из произведений своих, олицетворяя всю Россию в виде скачущей к неведомой цели удалой русской тройки, восклицает:≫

<試訳> しかし、私達もいずれは分別をもって思慮深く生活を始めなければならず、社会に対するように自分自身にも視線を向けける必要があります。また、私達の社会問題の中の何であれ意味を理解し、あるいはせめて自分の意味づけをし始めなければなりません。前の時代の偉大な作家は最も優れた作品の終幕で、未知の目的に向かって疾駆する血気盛んなトロイカの姿で全ロシアを擬人化して、次のように叫んでいます:

・ 作者は検事の主張の形でロシアの後進性を強調しているようです。西欧では産業革命と共に労働運動が盛んになり、新しい思想が生まれていたのに反し、ロシアは依然として専制政治のもとにありました。検事の論告が回りくどく分かりにくいのは、検閲を意識していためかも知れません。
“ 前の時代の偉大な作家 ” とはゴーゴリです。作者は「私達は皆、ゴーゴリの外套の中から出てきた」と言っています。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック