アルバムで見た事があるような2020-03-07

 ≪и сразу я почувствовал в ней существо близкое, уже знакомое, точно это лицо, эти приветливые, умные глаза я видел уже когда-то в детстве, в ольбоме, который лежал на комоде у моей матери. В деле поджигателей обвинили четырёх евреев, признали шайку и, по-моему, совсем неосновательно. За обедом я очень волновался, мне было тяжело, и уж не помню, что я говорил, только Анна Алексеевна всё покачивала головой и говорила мужу: - Дмитрий, как же это так?≫

<試訳> すぐに私は彼女がもう顔見知りの親しい存在だと感じ、まるでこの顔や親切そうで聡明な目が、いつか子供の頃、母の箪笥の上にあったアルバムで見た事があるような気がしたのです。放火事件では4人のユダヤ人が告訴され、共同謀議と見なされましたが、私の考えでは全く事実無根でした。私は食事の席でとても昂ってやりきれない思いでした。何を言ったのかはもう覚えていませんが、ただアンナ・アレクセーブナがしょっちゅう頭を軽く振って夫に 「ドミートリィ、いったいどうしてそうなの?」 と話していたのだけは覚えています。

・ アリョーヒンは招待された夕食の席でアンナに魅せられてしまうのです。客人を迎えて温かくもてなす彼女の振舞いが、村で一人暮らしを続けている彼には、ことさら強い印象だったのでしょう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック