狂おしいほど愛している2019-12-10

 ≪- Я для чего пришла? - исступлённо и торопливо начала она опять, - ноги твои обнять, руки сжать, вот так до боли, помнишь, как в Москве тебе сжимала, - опять сказать тебе, что ты бог мой, радость моя, сказать тебе, что безумно люблю тебя, - как бы простонала она в муке и вдруг жадно приникла устами к руке его. Слёзы хлынули из её глаз.
Алёша стоял безмолвный и смущённый; он никак не ожидал того, что увидел.≫

<試訳> 「何のために私が参ったとお思い?」 感情を昂らせ、せくように彼女がまた話し出した。「あなたの足を抱き、手を握りしめるためよ、ほらこんなに痛いほど。覚えてらっしゃって、モスクワでこのように握りましたわね。あなたは私の神様で、私の喜びですともう一度言うため、あなたを狂おしいほど愛していると言うために参ったのですわ」 彼女は苦痛に呻くように言うと、いきなり彼の手に貪るように唇を押し当てた。その目から涙があふれ出た。
アリョーシャは言葉もなく当惑して立ちつくしていた。彼は目にしている光景を全く予期していなかった。

・ カテリーナの振舞いはドミートリィにも、アリョーシャにも意外です。彼女がイワンを愛しているのは事実なのですから。何という複雑な感情の交錯と表白でしょう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック