淡い面影は心にあった2020-03-10

 ≪Затем всё лето провёл я в Софьине безвыездно, и было мне некогда даже подумать о городе, но воспоминание о стройной белокурой женщине оставалось во мне все дни; я не думал о ней, но точно дёгкая тень её лежала на моей душе. Позднею осенью в городе был спектакль с благотворительной целью. Вхожу я в губернаторскую ложу (меня пригласили туда в антракте), смотрю - рядом с губернаторшей Анна Алексеевна, и опять то же самое неотразимое, бьющее впечатление красоты и милых, ласковых глаз, и опять то же чувство близости.≫ 

<試訳> その後ずっと夏の間は外へ出ずにソフィーノ村で過ごし、一度も町については考える暇もありませんでした。けれど、すらりとした金髪の女性の思い出は日々私の胸に留まっていました。つまり彼女の事を考えはしなかったのですが、その淡い面影は心にあったようです。秋が深まった頃、町で慈善興業がありました。県知事の特別桟敷に行って ( 私は幕間にそこに招かれたのです )、ふと見ると、県知事夫人の隣にアンナ・アレクセーブナがいるではありませんか。そして、美しさと、愛らしい優しい目の強い印象が再び心を打って、あの時と同じ親しい感情がまたも湧いたのです。

・ 仕切られたボックス席は観劇しながらの社交の場にもなります。そこでの予期しない二人の再会です。春先の出会い以来ずっと心に残っていた女性を目にした瞬間の彼の心情を想像します。映像なら彼の表情がクローズアップされて…。家庭のあるアンナにどのように接するのでしょう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック